残業地獄にいるSEが異業種に転職をして、人間らしい暮らしを送る方法

2019年10月22日

広告

この記事を書いた人

ベンゾー@元SEの社会保険労務士事務所職員

元SEで残業地獄を経験し退職 / 社会保険労務士事務所に転職 / 友人・知人がブラック企業でうつ病になったことを後悔 / 労働問題の専門家としてブラック企業からの脱出方法を発信中 / 退職代行利用経験1回 / 会社を労基に訴え経験2回/ 転職経験2回 / ブログのコンセプトは「ブラック企業で悩む人を法的に守る」「プロフィールはこちら

残業地獄にいるSEが異業種に転職をして、人間らしい暮らしを送る方法

お疲れ様です。SEから労務のプロ(社会保険労務事務所職員)へ転職したベンゾー(@zangyoujigoku)です。

この記事では僕の実体験をもとに「SEから異業種へ転職した方法」異業種に転職する心がけから実際に転職し終わった後までの各ステップに分けて解説していきます。

 

本題に入る前にまずは・・・

  • 異業種への転職を考えている
  • 仕事選びの優先度第1位が「職場環境(残業が少ないこと、休日出勤が無いこと)」
  • 現役SE(お住まいは残業地獄)

という方に「異業種への転職のコツ」をお伝えします。

それは「1回の転職ですべての目的を達成しようとしない」ということです。

この記事を読んでいただければ、残業地獄の日々から抜け出して人間らしい暮らしを送れるようになります。

Left Caption

現役SEの北田さん

早く人間になりたい!

 

SEの業界ってやっぱり残業が多いです。

これは僕自身の経験もそうですし、同業他社にSEとして就職・転職した人に聞いても同じことを言っています。

厚労省の調査結果なんかを見ると、減ってきているようですが、実際に働いている人の話を聞くと、まだまだ残業しまくりの環境ですね。

残業時間について先日、こんなツイートをしました。

 

現役SEの皆さんに聞きます。

繁忙期に「家帰って飯食って風呂出たら20時」なんて生活していますか?

している方にこの記事は価値がありません。Youtubeで「加藤純一さん」の動画でも見ておいてください。

Right Caption

ベンゾー

「モンスターファーム2(オクレイマン編)」が僕のオススメです。たった7時間で「友情・努力・勝利」を表現した名作です。

 

僕が現役SEだったころは、「家帰って飯食って風呂出たら2時」でしたよ。20時じゃなくて2時。桁が1つ違いますね!

異業種に転職した今だからこそ言います。

普通の職場は、「家帰って飯食って風呂出たら20時」です。多少忙しくても2時にはなりません。

僕は社労士事務所の職員として、中小企業から数百人規模の会社まで100社以上見てきましたが、こんなに残業しているのはSEくらいです。

 

この残業地獄から抜け出すには、超絶ホワイトのIT業界へ行くか、異業種への転職しかありません。

Left Caption

現役SEの北田さん

そんなこと言っても異業種に転職するなんて不安だよ!

わかりますよ~。色々と不安はありますよね。以下、不安の代表格。

  • 今までの経験が生かせないんじゃないか
  • 良いところに転職できないんじゃないか
  • 新しくスキルを身に着けることができるのか
  • 給料が激減するんじゃないか

 

 

そこでこの記事では、僕の実体験をもとに「SEから異業種へ転職した方法」異業種に転職する心がけから実際に転職し終わった後までの各ステップに分けて解説していきます。

この記事を読んでいただければ、残業地獄の日々から抜け出して人間らしい暮らしを送れるようになります。

Left Caption

現役SEの北田さん

早く人間になりたい!

 

広告

異業種へ転職する際の心がけて欲しいこと

まずは異業種へ転職するということが、どういうことなのかをお伝えします。

初めての転職だと漠然とした不安がありますよね。

でも僕が実際に異業種へ転職して感じたのは「案外なんとかなる。むしろ好調」でした。

 

1回の転職ですべての目的を達成しようとしない

冒頭でも伝えましたが異業種に転職するコツは、「すべての目的を1度に達成しようとしないこと」です。

僕は余暇の時間を作って「人間らしい暮らし」をしたかったので、残業の少ない仕事に転職することを最優先に考えました。

その際、給料が落ちることは覚悟しておきました。

 

もし、残業時間以外に仕事内容、給料、会社のブランドなど全部の目的を達成しようと思ったら大変な転職活動になります。

だってすべてを満たす企業が見つかったとして、あなたが入社できるかは別問題ですからね。

そんな会社に入れるまで転職活動をしていたら、いつまで経っても現職を辞めることができません。

Right Caption

ベンゾー

残業地獄から抜け出せないってことです

 

だったら、1回目の転職では「最優先したい目的の達成+新しいスキルを身に付ける」ことだけに集中しませんか?

新しいスキルを身に付けられたら2回目の転職をしてみてください。

そのときは、「SE+新しく身に付けたスキル」があるので、敷居の高い企業にも入社しやすいわけです。

 

僕は1回目の転職で年収が30万ほど下がる代わりに残業が月20時間程度の会社に入りました。

でも2回目の転職では、年収を80万ほど上げて、残業が月1時間程度の会社に入りました。

そのときの転職の方法は「楽して転職する方法|強気の交渉で年収80万円UPした体験談」で紹介しています。

スカウトというサービスを使った転職で、手間をかけずに高待遇の会社に入るやり方を紹介しています。

 

スキルのかけ算で需要が増える

「1万時間の法則」というものをご存知ですか?

簡単に説明すると、人は何かに1万時間取り組むことでその道のエキスパートになれるという法則です。

もちろん、もっと早くエキスパートになれる方もいます。

Right Caption

ベンゾー

「目安」として1万時間くらい取り組めばエキスパートになれるという話ですね。

 

1万時間という数字はとても長く感じますか?

実は皆さんがやっている仕事においては、計算は省略しますが5年もあれば1万時間を達成するんです。

どうでしょうか?皆さんはもうSEとして1万時間働いているんじゃないですか?

もしすでに1万時間働いているなら別の仕事に転職しても良い頃ですよ。

Right Caption

ベンゾー

ドラクエで言うなら、熟練度やスキルがカンスト(上限)している状態

ちなみにここで解説した「1万時間の法則」。これを使って3種類のスキルでエキスパートになることで、100万分の1の人材になれるという話があります。

藤原和博さんという方がしている話なんですが、とても面白いです。

「SEから異業種への転職は20代後半で|3つのキャリアで高収入」で動画へのリンクと、話の概要をまとめています(なんせ動画が1時間もあるので・・・)

異業種への転職に積極的になれるので、是非ご覧ください。

Right Caption

ベンゾー

普通に動画としても面白いよ!

 

なるべく早めに活動した方が良い理由|とりあえず転職サイトへ登録

転職活動を始めるなら、転職サイトへの登録は早くするに越したことありません。

理由は・・・

  • 最初の登録が結構面倒だから
  • より多くの企業に自分の経歴を見てもらえるから
  • 利用料はどうせ無料だから

など、細かい理由はいくらでも出てきます。

その中でも特に大事な理由はこの2つ。

  • 辞めなくても良い内から活動できれば余裕が持てるから
  • ホワイト企業が募集をかけるのは、欠員が出たときだけだから

ここを重点的に解説していきますね。

 

辞めなくても良い内から活動できれば余裕が持てるから

会社を辞めるときってどんなときですか?

例えば・・・

  • 残業地獄が終わらなくて、今にも体が壊れそうなとき
  • 会社の業績悪化で、給料をガッツリ下げられたとき
  • 会社のトップが代わって、明らかに無能な人間が就任したとき
  • ベテラン社員が軒並み退職したとき
  • 結婚して家庭環境が変わったとき

 

こういう事例が起きてから転職活動を始めた場合、一生懸命次の職場を探していても以下のような「妥協」をしてしまうものです。

  • 労働条件が不明確だったけど、確認するのが面倒だからOKを出した
  • 給料の金額交渉ができたけど、断られたら面倒だから少し安い金額でOKを出した
  • 他にも見たい企業があったけど、とりあえず内定が出た会社に転職した

なぜなら、現職を早く辞めたいからです。

だったら現職を辞めなくても良い内から、転職活動をするようにしませんか?

そうすれば・・・

  • 労働条件を細かく確認したら、自分に合わないと感じたから断った
  • 給料の金額交渉で、ダメ元で高額を要求してみた
  • 見ておきたい企業は全部見て、1番良かったところに転職した

という転職活動を送ることができます。

 

僕は前職を辞めなくて良い内から転職活動を始め、給料交渉で年収80万円アップの交渉に成功しました。

Right Caption

ベンゾー

「断られたら現職を続ければ良いや」くらいに考えていました

 

ホワイト企業が募集をかけるのは、欠員が出たときだけだから

以前、Twitterでこんな企画をしてみたことがあります。

これで何人かの方にインタビューをしてみたんですね。

すると面白いことに、ホワイト企業では以下の事例が起きたときに求人募集をしていたんです。

  • 小規模企業なら、定年退職や寿退社で欠員が出たときに補充
  • 大規模企業なら、世代別に人数のバランスが崩れたら補充

つまりいずれも「欠員が出たときの募集」ということです。

なんとなくわかっていたことですが、実際にホワイト企業に勤務している方からの情報で確信できました。

 

さらに企業によっては、募集のタイミングさえ合えば「敷居は高くない」とのこと。

いつでも転職準備バッチリにしておけば、いつホワイト企業に欠員が出ても応募できますね!

 

オススメの転職サイトはブラック企業を完全排除した「ウズキャリ」

「転職サイトの登録は早めにした方が良いですよ!」とお伝えしましたが、今は転職サイトが山ほどある時代。

Left Caption

現役SEの北田さん

どこの転職サイトに登録すればええんやろうか・・・

 

僕も全部の転職サイトを確認したわけではないですが、少なくとも現状最もオススメできるのは「ウズキャリ」というところです。

あんまり宣伝をしていないので名前を聞いたことが無いって方もいると思います。だからちょっと「ウズキャリ」について紹介しておきます。

 

公式サイトを見ていただければわかりますが、「ウズキャリ」は「ブラック企業完全排除!」という宣言をしています。

もちろん宣言だけでなく、独自の方法を使って紹介先企業の中から「ブラック企業」と判断できたところを排除しています。

 

公式サイトでは、先に入社した方からのフィードバックによって

  • 離職率
  • 残業時間
  • 社会保険の加入有無
  • 雇用形態
  • ハラスメントの有無
  • 求人情報との差異

といった情報を仕入れて、ブラックかどうかと判断していると書いてあります。

「ウズキャリ」公式サイト

 

具体的な判断基準や、肝心の転職支援内容について気になったので、僕の方でウズキャリの担当者さんに直接質問してみました。

質問内容は「ブラック企業の無い転職サイト|ウズキャリをオススメする2つの理由」をご覧ください。

結論を言うとかなり厳密な判断基準を持っいる上に、転職支援の内容もなかなか充実していました。

Right Caption

ベンゾー

まだの方はお早めに登録を!

 

「ウズキャリ」は20代を対象にした転職サイトですが、過去には30歳以上の方が内定を取った事例もあります。

30歳以上だから利用を諦めるのではなく、ダメ元で登録を。

まだギリギリ20代という方は大急ぎで登録をしてください!

「ウズキャリ」公式サイト

Right Caption

ベンゾー

もちろん利用料は無料です。20代後半は特に急いで登録した方が良いです

 

魅力的な職務経歴書を作るコツ

転職サイトに登録すると、職務経歴書を記入することになります。

学歴や職歴なんかは穴埋め的に登録していけばOKです。

大事なのは以下の3点

  1. 前職の職務内容
  2. 自己PR
  3. 転職をする理由

この3点だけで「他の転職者よりも優秀なんだよ!」って思わせなくちゃいけないので、ある意味では大変です。

 

Right Caption

ベンゾー

ちょっと書き方のコツを書いておきます

「前職の職務内容」はそのまんま書くだけです。

異業種への転職なので細かい内容を省いて、専門家じゃなくてもわかる程度の浅い内容にしておきます。

 

「自己PR」は自分が仕事をする中で「大事にしていること」を書いてみてください。

効率良く働くためにしている工夫とか、収益を増やすためにしている工夫とか。

 

「転職をする理由」は悪口になり過ぎない程度でありのままを書きましょう。

例えば・・・

  • 家庭のことも考えて残業の少ない業種へ行きたかった
  • より良い条件で採用してくれる企業が見つかったため
  • 違うスキルを身に着けたいため

といった感じです。

 

その他、書き方のコツや例文。過去に見てきたパッとしない職務経歴書の共通点などの解説。さらに僕が作った職務経歴書のひな形無料ダウンロードを「職務経歴書の書き方と無料ダウンロード|サクッと作って転職活動を始めよう」で紹介しています。

まだ職務経歴書を作れていない人、なんとなく作ったけど自身が無い人は是非ご覧ください。

 

転職先の候補が決まったら口コミ閲覧サイトで職場の生の情報を確認

転職先の候補がある程度出てきたら、口コミ閲覧サイトで職場の生の情報を確認してみましょう。

口コミはあくまでも退職したイチ従業員の所感です。あんまり信用しすぎない方が良いですが、まったく見ないで良いわけではありません。

口コミを書いた人と同じ所属になるわけでもないですし、同じ上司に当たるわけでもありません。

所属や上司が違えば、雰囲気はガラッと変わりますからね。

Right Caption

ベンゾー

あくまでも「参考程度」ってことで!

 

口コミ閲覧サイトはいくつかありますが、オススメは「キャリコネ」というサイトです。

口コミサイトの多くは「登録+口コミの投稿」によって口コミの閲覧ができるようになっています。つまり、口コミを見るためには自分も口コミを投稿しなければならない仕組みです。

 

一方「キャリコネ」は「登録」だけですべての口コミが閲覧可能になります。

まあそんな仕組みであるため、口コミの投稿数自体が他の口コミサイトに比較すると少ないです。

 

ただ、他のサイトの口コミって、結局は自分が口コミを見たいがために登録した口コミ。「とりあえず登録した口コミ」なんですよね。

Right Caption

ベンゾー

ただでさえ信用しすぎない方が良い口コミなのに、より一層信ぴょう性が低くなる仕組みなんじゃないかなと。

 

キャリコネの登録方法は「キャリコネの登録・退会方法|48個の項目を画像付きで解説」をご覧ください。

ちょっと項目数が多い上に、うっかりしていると色んな転職サイトに登録することになってしまいます。(メルマガが山ほどくるので要注意です)

「どうせ無料なんだから先に登録しちゃう!」って方は↓の公式サイトへのリンクからどうぞ

キャリコネ公式サイト

 

現職に退職を伝える

無事に転職先が決まったら現職を退職しましょう。

退職の方法は「まともな会社」「まともな会社じゃない」の2パターンに分けて解説します。

Right Caption

ベンゾー

あなたの会社がどちらに当てはまるか考えながら読んでください

 

まともな会社の場合

まともな会社なら「退職届」を提出すれば終わりです。

「退職届」のテンプレートが欲しい方は「退職届(兼有給休暇届)の書き方|テンプレートをダウンロードしてサクッと済まそう」をご覧ください。僕が作った退職届を無料でダウンロードできるようになっています。

Right Caption

ベンゾー

社会保険労務士事務所の職員をやっているので、ほぼ毎日「退職届」を見ています。安心して利用してください。

 

ちなみに退職届を出すタイミングは退職のどのくらい前にする予定ですか?

ネットで調べれば色んな情報が出てきますが、僕が出した結論は

  1. どうしても今すぐ辞めたいなら「2週間前」
  2. 法的に妥当なところなら「1ヶ月前」
  3. 揉めたくないなら「就業規則の通り」

この3パターンとなりました。

就業規則の定めがあったり、民法の定めがあったりと難しいところですが、実際に労働基準監督署の方の意見を参考に出した結論です。

この結論に至った理由は「退職は何ヶ月前に言うべき?労働基準監督署と出した結論」で解説しています。

 

まともな会社じゃない場合

問題はまともな会社じゃない場合です。

法律的に言えば「退職届」を出せば終わりですが、退職届の提出後に嫌がらせをしてきたり、退職届を受け取らないと言い出す会社(もちろん違法です)があります。

そんな会社の相手をして時間や気力を消耗するのは、非常にもったいないこと。

 

Right Caption

ベンゾー

実は僕も退職時に嫌がらせを受けた人。危うく転職先への就職が無くなってしまうんじゃないかと思ったくらいです。

そんな法律を守らないような会社に対しては、モラルなんぞ無視した退職方法がオススメです。

モラルを無視した退職方法というのは「退職代行」です。名前だけなら聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

Right Caption

ベンゾー

僕も退職代行を使って退職しました!

 

もちろん退職代行を使わすに退職する方法はあります。でもやり方を調べたり、間違えないように実行することに気力を消耗するくらいなら、退職代行にお願いしてしまった方がです。

3万円くらいの金額で嫌な想いをせずに退職でき、無茶苦茶な退職日の延長を受けずに済みました。

Right Caption

ベンゾー

有給休暇も全部使い切りました

 

あなたの会社がまともではなく、円満退職なんてクソくらいと考えているなら「【ブラック企業の非常口】退職代行とは?から業者の選び方・オススメを一気に紹介」をご覧ください。

無事に退職できるようになります。

 

入社後も転職サイトの情報を更新する

無事に転職先に入社できたら、ひとまず安心ですね。

しばらくは新しい環境に慣れないかもしれませんが、すぐに順応できるはずです。

そこで忘れてはいけないのが、冒頭の冒頭にお伝えしたこと。

「1回の転職ですべての目的を達成しようとしない」

ということです。

 

2回目3回目の転職に備えて、転職サイトの情報を更新するようにしましょう。まずは職務経歴で辞めた会社の情報と、転職先の情報を加えます。

その後、転職先で色々な経験を積んでいくことになります。その都度忘れない内に、職務経歴を更新していきましょう。

 

あなたのキャリアを立派なものにするには「転職しましたとさ。めでたしめでたし。」じゃないことを忘れないようにしてください。

 

まとめ|SEが残業地獄から抜け出す方法

残業地獄の日々から抜け出して人間らしい暮らしを送るためには・・・

  1. 1回の転職ですべての目的を達成しようとしない
  2. 転職活動はなるべく早めがオススメ
  3. オススメの転職サイトは「ウズキャリ」
  4. オススメの口コミサイトは「キャリコネ」
  5. 入社後も転職サイトの情報を更新

の5点が重要です。

 

1回の転職ですべての目的を達成しようとせず、2回3回とスキル・経験を積んでいってからすべての目的を達成できるようにしましょう。

無茶をすると、変なブラック企業に捕まる可能性も出てきちゃいます。

 

転職活動はなるべく早めに行動しましょう。その理由は2つ。

1つは「余裕をもった転職活動ができるから」

余裕があれば労働条件をじっくり確認したり、給料の交渉でふっかけることができます。

もう1つは「ホワイト企業は欠員の募集しかしないから」

いつでも転職準備バッチリにしておけば、いつホワイト企業に欠員が出ても応募できます。

 

転職サイトは色々ありますが、僕が1番オススメなのは「ウズキャリ」です!

オススメな理由を簡単に言うと、「ブラック企業を完全排除!」した独自の手法や、転職支援の内容が素晴らしかったから。

どんな内容だったのかは「ブラック企業の無い転職サイト|ウズキャリをオススメする2つの理由」からご確認ください。

「どうせ無料なんだからもう登録しちゃおう!」って方は↓の公式サイトへのリンクからどうぞ

「ウズキャリ」公式サイト

 

口コミサイトのオススメは「キャリコネ」です!

オススメな理由は、他の同様サイトと違って「登録だけ」で口コミを無制限に閲覧できるようになるから。

注意して欲しいのは、登録時にうっかり色んな転職サイトに登録しないようにすること。メルマガがめちゃくちゃ届くようになります。

登録方法は「キャリコネの登録・退会方法|48個の項目を画像付きで解説」で画像付きで解説しています。

「どうせ無料なんだから先に登録しちゃう!」って方は↓の公式サイトへのリンクからどうぞ

キャリコネ公式サイト

 

最後に転職後も転職サイトの情報更新を忘れないように。

2回目3回目の転職を通して立派なキャリアを形成し、人間らしい暮らしを手に入れてください。

人間らしい暮らしを手に入れた後は、Youtubeで「加藤純一さん」の動画でも見てください。

Right Caption

ベンゾー

「モンスターファーム2(オクレイマン編)」が僕のオススメです。たった7時間で「友情・努力・勝利」を表現した名作です。
この記事を書いた人

ベンゾー@元SEの社会保険労務士事務所職員

元SEで残業地獄を経験し退職 / 社会保険労務士事務所に転職 / 友人・知人がブラック企業でうつ病になったことを後悔 / 労働問題の専門家としてブラック企業からの脱出方法を発信中 / 退職代行利用経験1回 / 会社を労基に訴え経験2回/ 転職経験2回 / ブログのコンセプトは「ブラック企業で悩む人を法的に守る」「プロフィールはこちら

広告