退職代行SARABAをオススメする理由3点と僕の体験談

2019年11月4日

この記事を書いた人

ベンゾー@元SEの社会保険労務士事務所職員

元SEで残業地獄を経験し退職 / 社会保険労務士事務所に転職 / 友人・知人がブラック企業でうつ病になったことを後悔 / 労働問題の専門家としてブラック企業からの脱出方法を発信中 / 退職代行利用経験1回 / 会社を労基に訴え経験2回/ 転職経験2回 / ブログのコンセプトは「ブラック企業で悩む人を法的に守る」「プロフィールはこちら

退職代行SARABAを僕自身が使ってみた感想|実際のやり取りを公開

お疲れ様です。「退職代行SARABA」で退職をしたベンゾー(@zangyoujigoku)です。

この記事では、「退職代行SARABAをオススメできる理由」「僕が実際に使ってみた感想」を紹介します。

 

改めて言うまでも無いですが、退職って大事なイベント。そんな大事なイベントを業者に任せるってなかなか凄いことです。

だからこそ退職代行業者を選ぶときには慎重になりますよね。

 

僕も実際に退職代行を使う上で、いろんな業者を比較しました。そして「退職代行SARABA」を利用することにしたんですよね。

Right Caption

ベンゾー

30近くの業者を徹底的に比較しました

だからこの記事ではなぜ僕が「退職代行SARABA」を選んだのかをオススメできる理由として紹介します。

 

本業で労働問題を専門としている僕からすると、ぶっちゃけると有名どころの退職代行業者を使えば退職はできます。

その上で「退職代行SARABA」をオススメする理由は・・・

  1. 料金が安い(28,000円)
  2. 深夜でも(ちゃんとした)返事が返ってきた
  3. 労働組合(ユニオン)を発足している(これめっちゃ大事!)

この3点が「退職代行SARABA」をオススメする理由です。

 

詳細はちゃんと本文で書きますが、この3点で他の退職代行業者と比較すると、結論として「退職代行SARABA」に勝てる業者っていないんですよね・・・

Right Caption

ベンゾー

是非「退職代行SARABA」を使ってサクッと退職をしてください。

 

色々と書きましたが、僕が「退職代行SARABA」を使って良かったと感じたのは「退職日まで思いっきり羽を伸ばせた」ということです。

ここまで読んで「もう退職代行SARABAに決めた!」という方は以下のリンクから早速申し込んでみてください。

退職代行SARABA公式サイトで申し込む

 

ちなみに他の退職代行業者の中には・・・

  • カウンセリングがある
  • 転職支援がある
  • 退職できなかったら返金する
  • 退職届をプレゼント
  • アフターフォローがある

という理由をアピールしまくってるところがありますが、これらは「労働組合(ユニオン)を発足している」という理由1つで吹き飛ぶほど、どうでもいいアピールポイントです。

どうでもいいアピールポイントなので、この記事では完全に無視します。

 

退職代行SARABAをオススメする理由3点

冒頭でもお伝えした通り、退職代行SARABAを僕がオススメする理由は・・・

  1. 料金が安い(28,000円)
  2. 深夜でも(ちゃんとした)返事が返ってきた
  3. 労働組合を発足(めっちゃ大事)

の3点です。これらについて詳細を書いていきますね。

 

理由①|料金が安い(28,000円)

「退職代行SARABA」の料金はどんなシチュエーションであっても「28,000円」で固定です。

他の業者だとオプション料金が付く場合もありますが、「退職代行SARABA」はこれより高くなることは絶対にありません。

 

で、この金額なんですが退職代行業者の中では「相場より少し安い」です。30近くの退職代行業者を調べましたが、相場は2パターンに分かれます。

 

1つは54,000円の退職代行業者です。

これは「弁護士が行う退職代行」です。(弁護士監修の退職代行とは天と地ほどの差があるので要注意です)

もう1つは30,000円の退職代行業者です。
これは「弁護士以外が行う退職代行業者」です。

Right Caption

ベンゾー

「退職代行SARABA」は「弁護士以外が行う退職代行業者」です

 

弁護士が行う退職代行では、裁判にもつれ込んだときの対応もしてもらえるというメリットがあります。
逆に言うと、「退職代行SARABA」は裁判の対応まではできないということですね。

 

だた、退職を理由にして裁判までもつれ込むケースというのはかなり稀なケースです。

Right Caption

ベンゾー

僕は本業で労働問題を扱っていますが、裁判までするというケースはまずありません。

というか僕自身も顧客(会社側)から「裁判を起こすことってできる?」って聞かれることがありますが、「起こせますけど、まず勝てません。あと費用も時間もかかるからメリット無いですね」と答えて止めさせています。

それでも「裁判を起こされないか心配!」という方だけは退職代行SARABAではなく、弁護士の退職代行を使うことをオススメします。

 

ちなみに料金が1万とか2万っていう業者も中にはありました。

ただ、経営者のブログや細かい料金体系を見てみると・・・

  • 非弁行為っぽいことが書いてある(違法です)
  • オプションで結構取る

のどちらかでした。

 

稀にどちらの心配も無さそうな安い業者もいました。

でも後に解説する「労働組合(ユニオン)を発足している」という理由があるので、やはり「退職代行SARABA」がオススメという結論に変わりありません。

 

理由②|深夜でも(ちゃんとした)返事がきた

「退職代行SARABA」は24時間ちゃんとした返事をしてくれる退職代行業者です。

 

というのも、ほとんどの退職代行業者で「24時間対応」という記載があります。

これは間違っていないんですが、実際に退職をする側からすれば「そうじゃないだろ!」とツッコみたくなる記載なんです。

 

何かって言うと「退職代行SARABA」以外のほとんどの業者は24時間「受け付けてるだけ」なんです。

Left Caption

SARABA以外の業者

「LINEやメールの受信を24時間やってます」でも返事はしません。

・・・そうじゃないだろ。

どこの世界に深夜2時になったらLINEが受信できませんなんて業者がいるんですか。

受信できるのは当たり前っていうか、退職代行業者がどうこうって話じゃないでしょ。

 

実際、退職代行SARABAを含めて8つほどの有名どころの退職代行業者に、深夜3時ごろLINEで質問を送ったことがあります。

すると返事が来たのは「退職代行SARABA」を含め2社だけでした。

 

さらに言うと日曜日の21時頃にLINEを送った場合も「退職代行SARABA」を含めて4社だけでした。

さらにさらに言うと、その内まともな返事が来たのは「退職代行SARABA」を含め2社だけでした。

退職を決心するのって、月曜日が憂鬱なときじゃないですか?それなのに日曜日の夜に返事が来ないってのは、ちょっと厳しくないですかね?

 

ついでに言うと、「退職代行SARABA」は返事がめちゃくちゃ早いです。たいしたことない質問なら2~3分で返ってきます。

ちょっと込み入った質問を送ったときなんか7分後に「遅れてすいません!」って返事がきました。

Right Caption

ベンゾー

全然遅れてないし「ううん!僕も今着いたとこだよ!」みたいな感じになりましたね。
Left Caption

現役SEの北田さん

デートの待ち合わせ的なやつね

 

理由③|労働組合を発足(めっちゃ大事)

これめちゃくちゃ大事です。

「労働組合(ユニオン)」の発足は、僕が調べた中では「退職代行SARABA」だけのサービスでした。

 

「労働組合」とか「ユニオン」とか言われてピンとくる人ってほとんどいないですよね。

簡単に言うと、会社側に対して未払いの給料や、有給休暇、退職金について問い詰めることができるんです。

Right Caption

ベンゾー

「交渉」って言います。

 

会社に対する強さ順に言うなら・・・

  1. 弁護士の代行
  2. 労働組合(ユニオン)
  3. 弁護士監修の代行

という順番になります。

 

「弁護士の代行」は料金が高い代わりに裁判で未払いの給料や退職金の交渉をしてくれます。ただし、成功報酬として得られた金額の20%を弁護士さんに報酬として支払うことが多いです。

対して「労働組合(ユニオン)」では裁判ではありませんが、労働組合法という法律に則って給料の未払いや退職金の交渉をしてくれます。しかも成功報酬はありません。得られた金額はすべて退職者のものになります。

 

ちなみに「弁護士監修の代行」の場合、会社に対する交渉は一切できません。「交渉をする=違法」です。

Right Caption

ベンゾー

なので僕のブログでは「弁護士監修の退職代行」は一切オススメしていません。

 

労働組合(ユニオン)がメディアで取り上げられた有名な事例としては、2019年のお盆に起きた東北自動車道にある佐野サービスエリアでの話があります。

とある会社のワンマン社長が横暴な態度(超有能な幹部を一方的にクビなど)を取ったことにより、幹部をはじめ従業員全員がストライキといって労働の放棄をしたんです。

Left Caption

現役SEの北田さん

労働の放棄っていうことは、サービスエリア内のお店がやっていないという状態??
Right Caption

ベンゾー

そういうこと。お店閉まってます。

これヤバくないですか?お盆の時期に高速道路走ってて、サービスエリア行ったらお店閉まってるんですよ。

これにより、最終的には社長側が折れて従業員側が勝利したというのが、佐野サービスエリアの話です。

 

ブラック企業に勤めている方ならわかると思いますが、ワンマン社長に対して従業員側が勝利するってすごいことじゃないですか?

簡単に言うと「退職代行SARABA」のサービスはこれくらい強力ってことです。

 

結論|サービス内容×料金で退職代行SARABAに勝てる業者がいない

3点のオススメ理由を紹介しました。

まとめると・・・

  1. 料金
    ⇒相場より少し安い
  2. 対応時間
    ⇒本当の意味で24時間対応
  3. 労働組合(ユニオン)発足
    ⇒ワンマン社長に勝てるくらい強力

というわけで、これが「僕が退職代行SARABAをオススメする理由」です。

料金だけなら勝てるってところや、対応時間だけなら同じくらいってところはありますが、この3点を掛け合わせた上で「退職代行SARABA」に勝てる業者ってはいないですね。

 

どうしても28,000円じゃなくて20,000円しか予算が無いって方や、裁判がどうしても心配って方だけは他の退職代行業者を選んでみてください。

それ以外の方で「退職代行SARABA」以外を選ぶ理由は無いです。

Right Caption

ベンゾー

少なくとも30近くの退職代行業者を比較した僕には見当たらなかったです。

ここまで読んで「もう退職代行SARABAに決めた!」という方は以下のリンクから早速申し込んでみてください。

退職代行SARABA公式サイトで申し込む

 

僕が実際に退職代行SARABAを使ってみた感想【体験談】

ここからはなかなか数字や実績に現れない、僕が実際に使ってみた感想を紹介します。

オススメできる理由については上で書いたもので充分かと思うので、「もう退職代行SARABAに決めた!」という方は以下のリンクから早速申し込んでみてください。

退職代行SARABA公式サイトで申し込む

 

対応があっさりしてる|嫌だったところ

これ、ちょっと嫌だったところです。LINEでのやり取りが、結構あっさりとした対応だったんです。

淡泊な対応というか、ちょっと冷たい彼氏みたいな・・・

Right Caption

ベンゾー

僕、男なんでよくわかんないですけどね笑

質問なんかもサラッと回答が来る感じでした。「退職」という結構大事なイベントの真っ最中にしては、「熱量が低いなあ」と思いましたね。

 

でもこれって質問に対する回答が決まりきっているからなんでしょうね。

変にグダグダ能書き書かれるよりも、スパッと結論書いてくれるのは迷わずに済むから楽でした。

実際のやり取りは後述していますので、そちらでもご確認ください。

 

労働問題の専門家から見ても、退職に詳しい業者

LINEのやり取りの中では、退職をする際の注意事項をレクチャーしてくれます。

僕は本業が労働問題の専門家で、どちらかというと「退職」に関してはプロなんです。

だからSARABAからのアドバイスは特に要らないかな~って思っていたんですが、「こうした方がなお良いです。」というアドバイスをいくつもいただきました。

 

やはりそこは退職代行のプロというべきでしたね。

この対応は退職をしたこと無い方や、法律や実際の流れをご存知でない方にとっては心強いサービスです。

 

会社との電話やりとりを箇条書きでまとめてくれる

これは地味にうれしかったことです。

会社に退職を伝える電話を「退職代行SARABA」がしてくれるんですが、そのときのやりとりをすべて箇条書きでまとめてくれました。

こちらが要望した内容がちゃんと伝えられているのか、職場側がどんなアクションを起こしたのかを分かりやすく確認できました。

 

散々オススメした上で書くのも変ですが、こういうのは実際にやり取りが始まるまで詐欺業者だったんじゃないかって心配じゃないですか。

単に「終わりました」ってだけ言われても、本当に退職できたのかな??って。

 

でも「退職代行SARABA」では・・・

  • 電話をしたら〇〇さんって方が出た
  • 上司に代わってくれと言ったら××さんが出た

という連絡をくれました。

実際の上司や同僚の名前(退職代行SARABAには教えていない)が出てくると、「本当に電話してくれたんだな」って確認ができますよね。

ここまでやってくれて初めて退職日までの間の安心感が得られます。

 

結論|退職日まで思いっきり羽を伸ばせた

退職代行業者として1番大事な「退職をできること」これは当然問題なしです。

加えて「退職」ということに関して法律知識もありつつ、実務面から見ても申し分ない対応でした。

Right Caption

ベンゾー

退職代行を使われる会社(つまりブラック企業)のことを良くわかっているという感じでしたね。

 

イチ業者としてのサービス品質も良かったです。対応があっさりし過ぎている感はありましたが、質問には素早く回答してくれましたし、会社とのやり取りを箇条書きでまとめてくれたのはありがたかったです。

また夜中に連絡をしても返事が来るという「本当の意味で24時間対応」をしているのが素晴らしいかったです。

Right Caption

ベンゾー

他の退職代行業者の多くは、翌朝にならないと連絡が来ませんでした。

 

何より会社と直接のやり取りをすることなく退職できたのは、本当に気持ちが楽でした。こんなに気持ちよく退職できたのは初めてです。

 

多少のごたごたはあったものの退職手続きが進んでいくのを見ると、「退職代行SARABA」という第三者が間に入ったことで、感情的なやりとりをせずに済んだという大きなメリットに気が付きました。

たぶん僕が自分で電話をしていたら、怒鳴られたり罵られたりと嫌な思いをしていたんじゃないかなと。

 

出勤をしなくなった日(退職代行SARABAが電話を入れた日)から退職日まで、僕の場合は約半月ありました。

その間、思いっきり家族サービスをしたり旅行をしてみたりと、かなり羽を伸ばすことができました。

「休み明けの仕事の心配を一切しなくて良い長期休暇」って社会人になってから味わえるのって相当レアケースですよ。

Right Caption

ベンゾー

超気持ちよかったです!

ここまで読んで「もう退職代行SARABAに決めた!」という方は以下のリンクから早速申し込んでみてください。

退職代行SARABA公式サイトで申し込む

 

退職代行SARABAへの依頼から退職までの実際の流れ【画像付き】

最後にせっかくなので実際の僕と「退職代行SARABA」とのやり取りを公開します。

画像付きで紹介するので、イメージを掴めると思います。

 

今までの内容で「オススメする理由」「使ってみた感想」を紹介しました。

ここまで読んで「もう退職代行SARABAに決めた!」という方は以下のリンクから早速申し込んでみてください。

退職代行SARABA公式サイトで申し込む

 

まずは申し込み|LINEで友達登録【無料】

退職代行SARABAの申し込みはこちらの公式サイトからできます。

退職代行SARABA公式サイト

 

公式サイト内のいたるところに掲載されている

退職代行SARABA

↑こういうボタンを押すとLINEで友達登録ができます。

友達登録をしたからすぐ契約というわけではありません。

質問や流れを確認し、自分自身が納得できたらお金の支払いすることになります。

 

簡単な質問や流れを確認【無料】

契約前に簡単な質問

《クリックで拡大》

こんな感じで質疑応答を繰り返します。

この時点ではまだ契約をしていないので、色々聞いてみて「やっぱりやめた」と思えば断ることもできます。

 

内容に納得ができれば振り込みをして依頼スタート【ここから有料】

納得したので振り込み

《クリックで拡大》

色々と質問を繰り返し、納得したので振り込みをしてきました。

当時は30,000円で銀行振り込みしかできませんでしたが、今はクレジット支払いもできて、料金も28,000円に下がりました。

振り込みしたことがわかるように明細の写真を送ると即日対応もしてくれます。

この後はヒアリングシートがLINEで送られてくるのでそれに回答をします。

 

職場に退職届と要望書を郵送【レターパックプラスがオススメ】

退職届と要望書を提出(郵送)

《クリックで拡大》

退職届と要望書を会社に提出します。提出と言っても郵送で送るだけなので、対面で嫌味を言われる心配も引き留めされる心配もありません。

退職届を自分で提出(郵送ですが)しなくちゃならないのは、弁護士以外の退職代行ならではです。

 

郵送する場合は念のため「レターパックプラス」で送る方が良いです。

※内容証明郵便は文字数制限があるのでオススメしません。

 

レターパックプラスとは・・・

レターパックプラスは、普通の郵便と違って「対面」で直接手渡ししてくれる上に、受領印や署名も書いて貰えます。

これなら「受け取っていない」とは言えなくなります。

しかも送るときはポストに投函でOKなので、わざわざ郵便局へ行かなくても大丈夫!

郵便局へ行かなくても、コチラで購入してポストに投函でOKです!

 

ちなみに要望書というのは、退職後の要望を書く紙です。

僕の場合は・・・

  • 離職票の発行をして欲しい
  • 給料は今まで通りの口座に振り込んで欲しい
  • 健康診断の結果も送って欲しい

という内容を書きました。

気になる方は「退職代行SARABA」にLINEで「みんなどんな要望を書いている?」って聞いてみてください。

最新の情報を教えてもらえるはずです。

 

退職代行SARABAが会社に電話|あとは退職日まで待つだけ

退職代行から職場に電話

《クリックで拡大》

退職代行の方が職場に電話をしてくれました。伝えた内容を文章でコチラに送ってくれるのがありがたかったです。

これで退職手続き完了です。あとは実際の退職日まで有給休暇を消化しながらゆっくりするだけです。

僕の場合は子供と遊びに行ったり、家族旅行を楽しみました。

 

まとめ|退職代行SARABAをオススメする理由3点と僕の体験談

「退職代行SARABA」をオススメする理由は・・・

  1. 安い(28,000円)
  2. 深夜でも(ちゃんとした)返事が返ってきた
  3. 「労働組合(ユニオン)を発足している

の3点です。

この3つを掛け合わせると、「退職代行SARABA」より優れている業者がいないってことが決め手ですね。

 

実際に使ってみた感想としては・・・

  • 対応があっさりしてる
  • 労働問題の専門家から見ても、退職に詳しい業者
  • 会社との電話やりとりを箇条書きでまとめてくれる
  • 退職日まで思いっきり羽を伸ばせた

という感じです。

特に「会社との電話やりとりを箇条書きでまとめてくれる」というのは安心感が得られて嬉しかったです。

 

繰り返しになりますが、どうしても28,000円じゃなくて20,000円しか予算が無いって方や、裁判がどうしても心配って方だけは他の退職代行業者を選んでみてください。

それ以外の方で「退職代行SARABA」以外を選ぶ理由は無いです。

Right Caption

ベンゾー

少なくとも30近くの退職代行業者を比較した僕には見当たらなかったです。

ここまで読んで「退職代行SARABAに決めた!」という方は以下のリンクから早速申し込んでみてください。

退職代行SARABA公式サイトで申し込む

この記事を書いた人

ベンゾー@元SEの社会保険労務士事務所職員

元SEで残業地獄を経験し退職 / 社会保険労務士事務所に転職 / 友人・知人がブラック企業でうつ病になったことを後悔 / 労働問題の専門家としてブラック企業からの脱出方法を発信中 / 退職代行利用経験1回 / 会社を労基に訴え経験2回/ 転職経験2回 / ブログのコンセプトは「ブラック企業で悩む人を法的に守る」「プロフィールはこちら