退職代行SARABAを僕自身が使ってみた感想

2019年6月13日

退職代行SARABAを僕自身が使ってみた感想

お疲れ様です。SEから労務のプロへ転職したベンゾー(@zangyoujigoku)です。

今回は退職代行の1つである「退職代行SARABA」について紹介します。

 

退職代行サービスは今やいろいろな種類が増え、サービス内容も多岐にわたるようになりました。
そんな中でなぜ僕が「退職代行SARABA」を紹介するかと言うと・・・

実際に退職代行SARABAで退職をしたからです。

そんな実体験をもとにして、「退職代行SARABA」を使ってみた感想を紹介していきます。

先に結論を言うと、ぶっちゃけ使わなくても大丈夫だけど、使った方が気が楽でした。

 

退職代行SARABAとは?|弁護士を使わないサービス

退職代行サービスがいくつかある中で、「退職代行SARABA」の特徴は大きく2つ

  1. 弁護士を使わない退職代行サービス
  2. 安い

まあ①があるから②もあるってことなんですけど、とくかく安いです。

他の退職代行サービスが5万くらいかかるところを、3万円でやってくれます。

サービスの内容については他の退職代行を使っていないので比較できませんが、不快に感じる点はありませんでした。むしろ親切丁寧という印象でした。

 

退職代行なんて問題ないの?|労務のプロとして解説

そもそも退職代行なんて問題ないのかと言われると、まったく問題ありません。少なくとも「退職代行SARABA」のやり方は問題ありません。

 

労務のプロとして解説しますと、「弁護士でない方が退職届を職場に出す」これはアウトです。
でも「弁護士でない方が退職の意思を職場に伝える」これはセーフです。

「退職届を出す」というのは恐らく法律行為になります。ですのでこれを代わりに行うことは「代理」となります。

「代理」を行えるのは本人の身内や、依頼を受けた弁護士さんじゃないとアウトです。

 

でも「退職の意思を伝える」というのは、ただの伝言なので法律行為ではありません。ですのでこれを代わりに行うことは「代行」となります。

「代行」であれば本人の依頼さえがあれば特別な資格など無しに行って大丈夫です。

 

という少し小難しい話も、労務のプロとしてさせていただきます。

まあ「代理」と「代行」で、名前はそっくりなんですが、全然違うんだよ。ということです。

というわけで、「代行」をやっている「退職代行SARABA」はまったく問題ありません。

ご安心ください。

 

なんで退職代行を使うことにしたのか|興味本位です

僕自身、労務のプロとして働いているわけで、退職の手続きや会社に主張できる権利なんかは把握しています。

ですから、正直なところ退職代行サービスに頼る必要は無かったんですよね。

 

ただ、自分でできるからってなんでも自分でやってるとストレスが溜まります。

職場の憎い上司なんかの声を聞いたり、顔を合わせたりするのは苦痛そのものです。

 

それにたまたま話題になっていた退職代行サービスについて、労務のプロとして働いているなら詳しく知っておきたいという気持ちがありました。

 

なのでぶっちゃけると「退職代行ね~。ワシは労務のプロだが、お前のとこのサービスはどれほどのもんかね~?」という若干の上から目線で登録をしたんですよね。

 

依頼してみた感想|気持ちが楽

返信がめちゃくちゃ早い

やり取りは全部LINEを使うんですが、返信スピードがめちゃくちゃ早いです。女子高生並です。

ほぼ全部の質問に1、2分で返してくれるという超スピードです。

 

しかも1回だけ7分後に返事が来たこともあったんですが、第一声が「遅れてすみません」でした。全然遅れてないですし。

平日の日中、休日、22時以降に送った質問も全部超スピードの返信でした。

残業地獄で1日中働いているような方も安心ですね。

 

対応が親切丁寧

依頼をしてから退職の連絡を入れるまで、そして実際に退職日を迎えるまでの流れを丁寧に説明してくれます。

もちろん不明点への質問も超スピードで返事をしてくれます。

 

LINEのやり取りの中では、退職をする際の注意事項をレクチャーしてくれます。

僕は労務のプロとして働いているので特に必要ないかと思っていましたが、「こうした方がなお良いです。」というアドバイスをいくつもいただきました。

やはりそこは退職のプロというべきですね。

この対応は退職をしたこと無い方や、労基法をご存知でない方にとっては心強いサービスだと思います。

 

会社との電話やりとりを箇条書きでまとめてくれる

会社に退職を伝える電話を「退職代行SARABA」がしてくれるんですが、そのときのやりとりをすべて箇条書きでまとめてくれました。これは地味にうれしかったですね。

こちらが要望した内容がちゃんと伝えられているのか、職場側がどんなアクションを起こしたのかを分かりやすく確認できました。

 

気持ちが楽

退職の電話を「退職代行SARABA」からしてもらう日の朝はかなり緊張したのを覚えています。

  • 本当に電話してくれるのか
  • 上司はなんと言うのか
  • 無事に退職できるのか

 

色々な不安の中、電話予定時刻を少し過ぎたくらいに「退職代行SARABA」からLINEが届きました。

LINEの画面には自分の上司の名前宛てに電話をしました。という文と、電話の内容がありました。

「退職代行SARABA」に教えていない上司の名前がLINEに出てきた時点で、本当に電話をしたんだなと確信できました。

 

多少のごたごたはあったものの退職手続きが進んでいくのを見ると、「退職代行SARABA」という第三者が間に入ったことで、感情的なやりとりをせずに済んだという大きなメリットに気が付きました。

たぶん僕が自分で電話をしていたら、怒鳴られたり罵られたりと嫌な思いをしていたんじゃないかなと。

 

「退職代行SARABA」を使って得られた結果

  • あらかじめ決めておいた日以降出社なし
  • 有休休暇全消化で1ヶ月ほどのお休み
  • 予定通りの日に退職
  • 一切上司と顔を合わすことなく終了

謳い文句通りの結果を得られました。

 

こんな人は使わなくて大丈夫|使おうか迷っている人へ

「退職代行SARABA」を使わなくても大丈夫という人をまとめてみました。

退職代行を使おうか迷っている人の中で、以下に全部あてはまるようであれば退職代行を使わなくても大丈夫です。

  • 退職をするために、会社に提出するものをすべて把握している
  • 退職をした後、会社から貰うべきものをすべて把握している
  • 退職届の作り方を知っている
  • 従業員が行使できる権利をすべて把握している
  • 有休消化の交渉ができる
  • 退職日を延ばされそうになっても抵抗できる
  • 上司から電話がかかってきても嫌な気分にならない
  • 上司とのやり取りで感情的にならない

これらに全部あてはまるようであれば自力で退職をしても特に問題ありません。

もし、1つでもあてはまらないものがあり、それをどうにかするために3万円払っても惜しくないという人は「退職代行SARABA」を使ってみると良いです。

「退職代行SARABA」を使えば、3万円で上の問題は全部解決します。

 

「退職代行SARABA」の申し込み方

退職代行SARABAの申し込みはこちらの公式サイトからできます。
退職代行SARABA公式サイト

 

公式サイト内のいたるところに掲載されている

退職代行SARABA

コチラのボタンを押すとLINEで友達登録ができます。

あとは向こうからの連絡に応じるだけで話を進めることができます。

 

友達登録をしたからすぐ契約というわけではありません。

疑問や簡単な質問をやり取りし、あなた自身が納得されたらお金の支払いすることになります。

支払い後は詳細なヒアリングが始まるので、それに回答をすればOKです。あとは退職代行の方が会社に連絡をして、退職の流れが進んでいきます。

 

まとめ|「退職代行SARABA」を使った感想

  • 安い
  • 親切丁寧
  • 法的に問題ない
  • 気持ちが楽
  • 謳い文句通りの結果を得られた

最初は使わなくても別に大丈夫と思っていましたが、いざ使ってみると気持ちがとても楽でした。

料金の3万円も、有給消化によって貰える給料に比べれば安いです。

 

細かいサービス内容なんかは日々向上しているみたいです。

僕が申し込みをしたときにはなかったサービスも追加されてますし、よく見たら金額も少し安くなっていました。

公式サイトを見たりLINEで質問をすれば、現在のサービス内容がわかります。悩み続けるくらいなら、とりあえず登録してみると良いですね。

退職代行SARABAを僕自身が使ってみた感想

 

また、「退職代行SARABA」に聞きにくいような質問(実際に使ってみた感想とか)は、僕に質問していただければお答えします。

Twitterをやっていますので、そちらからご連絡いただければOKです。

やり方

Posted by benzo