退職代行を利用した「その後の話」|使おうか迷ってる人へ

2019年11月25日

この記事を書いた人

ベンゾー@元SEの社会保険労務士事務所職員

元SEで残業地獄を経験し退職 / 社会保険労務士事務所に転職 / 友人・知人がブラック企業でうつ病になったことを後悔 / 労働問題の専門家としてブラック企業からの脱出方法を発信中 / 退職代行利用経験1回 / 会社を労基に訴え経験2回/ 転職経験2回 / ブログのコンセプトは「ブラック企業で悩む人を法的に守る」「プロフィールはこちら

退職代行を利用した「その後の話」|使おうか迷ってる人へ

お疲れ様です。「退職代行SARABA」で退職したベンゾー(@zangyoujigoku)です。

この記事では「退職代行」を使うかどうか迷っている方に向けて、「退職代行を利用したその後」の話を紹介します。

Left Caption

現役SEの北田さん

退職代行が何なのかはわかってる。でも実際に使ったらどうなっちゃうのかを確認しておきたい!
Right Caption

ベンゾー

じゃあ実際に退職代行を利用した僕の体験談を紹介するね。

この記事で解決する疑問

  • 退職理由はどうなる?
    ⇒普通の退職と同じなので心配無用
  • 裁判や法的な措置を取られる可能性はある?
    ⇒絶対に無いとは言い切れない
  • 有給休暇って本当に使えるの?
    ⇒全部使えました
  • どんなメリットがあるの?
    ⇒嫌がらせや引き延ばしをされずに済む
  • デメリットは?
    ⇒悪徳業者じゃないか不安。あとお金がかかる

 

退職代行って本当に使って良いのか心配じゃありませんか?イマイチ使うまで一歩を踏み出せないでいる方って結構いると思います。

退職代行を使って退職したって人も増えてきていますが、まだまだ少数派です。トラブルになったなんて話も無いわけじゃありません。

Right Caption

ベンゾー

そこでこの記事では、以下の内容を僕の実体験をベースに紹介していきます!

この記事で紹介する話

  • 退職理由に何か不利なことを書かれないか
  • 裁判を起こされたり、法的な措置を取られることは無いか
  • 有給休暇が全部使えるって本当なのか
  • そもそも退職代行を使うメリットやデメリットはなんなのか

 

この記事を読んで、退職代行を使うことでどんな結果が表れるかを確認してください。

そして、心配が無くなった方だけ退職代行を使ってみてください。

実際に退職代行を使った僕からすると、「休み明けの仕事を考えなくて良い長期休暇はマジで最高」です。めっちゃくちゃ羽を伸ばせました。

 

ちなみに僕のオススメ退職代行業者は

  1. 退職代行SARABA(僕も使いました)
  2. フォーゲル綜合法律事務所

の2つです。

なぜこの2社がオススメなのかは「30社から選んだオススメ退職代行業者2選|3つの選ぶ基準を解説ご覧いただければすぐにわかります。

この記事で伝えたいこと

  • 退職代行業者を選ぶための3つの基準
  • 30社以上ある中から、オススメを2社に絞った理由
  • 他の退職代行業者がオススメできない理由

 

その他退職代行に関することは「【全部解説】退職代行とは?業者の選び方は?オススメは?」でまとめて解説をしています。

この記事で伝えたいこと

  • 退職代行ってそもそも何?
  • 非弁行為って言われてるけど大丈夫?
  • 退職理由って何になるの?
  • 裁判を起こされたり、損害賠償請求されたりしない?
  • 退職代行のメリットは?
  • 退職代行のデメリットは?
  • 退職代行業者は何を基準に選べば良いの?
  • オススメの退職代行業者は?
  • オススメできない退職代行業者は?

 

広告

退職理由はどうなる?|自己都合や一身上の都合になる

退職理由は「自己都合」あるいは「一身上の都合」になります。

普通の退職と何ら変わりないので、退職金も普通に貰えます。

Right Caption

ベンゾー

退職代行を使ったからといって、退職理由が変わることはありません。それこそ退職代行を使ったことを理由に懲戒解雇にしたいと言う経営者もいますが、それは認められません。

 

そもそも「懲戒解雇」というのは犯罪をした場合なんかは別として、そんな簡単にできるものではありません。

勢いで「懲戒解雇」にしようもんなら、「不当解雇(その解雇はおかしいだろ!という反論)」によって多額の賠償金を会社側が払わなくてはいけないことにもなりかねません。

 

僕は本業で労働トラブルの専門家をしていますが、たまに頭に血が昇った経営者が「あんなやつ懲戒解雇にできないのか!?」って問い合わせてくることがあります。

そんなときは

Right Caption

ベンゾー

せいぜい始末書を書いてもらう程度です。解雇は難しいのでやめておきましょう

と諭しています。

だから安心してください。退職代行を利用したからって懲戒解雇になったりはしません。

退職理由はどうなる?

  • 一身上の都合や自己都合など普通の退職と同じ理由になる
  • 退職金も普通に支給対象者になれる
  • 退職代行を使ったからって懲戒解雇にすることは難しい

 

裁判など「法的な措置」を取られる可能性|絶対無いとは言えない

法的な措置というと恐いのは「損害賠償の請求」ですね。結論を言うと「請求される可能性はあります」

ただ、これは退職代行を使うかどうかに関係しません。

実は「損害賠償を請求する権利」自体は誰でも持っているものなので、止めようがないんですね。

 

でも「損害賠償」の請求をしたところで、会社側が確実に勝てるわけでもないですし、費用も時間もかかります。

ですから、負けることが濃厚な場合にまで、わざわざ損害賠償の請求をすることは稀ですね。

Right Caption

ベンゾー

よっぽど嫌がらせが好きな経営者とかじゃない限り、やってこないでしょうね。

多くの退職代行業者が「損害賠償になったことは無い」と言っています。

また労働問題の専門家として100社以上のお世話をしてきた僕でも、退職時に損害賠償をしたというお客さんは見たことがありません。

 

以前、労働基準監督署にこんな確認をしたこともあります。

Right Caption

ベンゾー

退職時に損害賠償請求が認められることはありますか?
Left Caption

行政の人

最終的には裁判所が決めることになりますが、よっぽどの悪意をもって損害を与えるようなことをしていない限り、損害賠償請求が認められることは難しいですね。
今まで普通に業務をしていたのなら、なおさら認められにくいです。
Right Caption

ベンゾー

退職の際に揉めた場合、会社側がかなり不利という感じですね
Left Caption

行政の人

そうですね。日頃から従業員との関係を良くしておく必要があります。もしも退職時の有給休暇を認めないということがあれば、我々労働基準監督署は従業員側の味方をすることになります。

最後にはなんだか心強いセリフまでいただいちゃいました笑

それに万が一損害賠償の請求で従業員側が負けたとしても、数日休んだ程度の損害なら大した金額にもならないと思いませんか?

たぶん有給休暇を全部使ったときの金額の方が大きいと思いますよ。

裁判や法的な措置を取られる可能性はある?

  • そもそも「損害賠償をする権利」は誰しもが持っている
  • 100社以上見てきたけど、損害賠償を請求したケースは見たことが無い
  • 今まで普通に働いていたなら、損害賠償が認められることは難しい
  • 万が一損害賠償が通っても、有給休暇を全部使えるメリットの方が大きい

 

実体験|退職代行を使って感じたデメリット

Right Caption

ベンゾー

僕自身の実体験をベースに、退職代行を使って感じたデメリットを紹介します。

退職代行を使って感じたデメリット

  • 悪徳業者もいるので注意が必要
  • 自分でできることにお金をかけている

 

使う直前までは結構不安|悪質業者もいるので要注意

たぶんこの記事を見ている方は、退職代行を初めて使おうとしている方だと思います。

このブログを含め、ネット上の色んな情報では「退職代行って安全!」っていう意見と「悪質な業者のせいで退職が無効に!」みたいな意見が飛び交っていますよね。

 

Right Caption

ベンゾー

僕自身、かなり調べて「退職代行は大丈夫!」と確信を得た上で使ったんですが、やっぱり直前までは不安がありました。

だって万が一退職代行に金を払った上でバックレられたら、どんな顔して会社に連絡するんだって話ですよ。それこそ無断欠勤を続ければ懲戒解雇や損害賠償という危険性も出てきます。

実際、そういうことをする悪質な業者も実在しているみたいですし。。。

 

特に最近は退職代行が珍しくなくなってきたこともあり、業者の数がかなり増えてきました(さっとググるだけで30社くらい見つかります)

また、会社側にも退職代行の対策をしているところが増えてきています。ちゃんとした対応のできない退職代行業者だと、話がこじれたり最悪の場合は退職が無効になったりする可能性もあります。

Right Caption

ベンゾー

「退職代行から電話が来た」という会社からの相談も珍しくありません

 

とりあえずこのブログでは、かなり厳選した以下の2社だけをオススメしています。(もちろん悪徳業者ではないです)

  1. 退職代行SARABA(僕も使いました)
  2. フォーゲル綜合法律事務所

なぜこの2社がオススメなのかは「30社から選んだオススメ退職代行業者2選|3つの選ぶ基準を解説ご覧いただければすぐにわかります。

この記事で伝えたいこと

  • 退職代行業者を選ぶための3つの基準
  • 30社以上ある中から、オススメを2社に絞った理由
  • 他の退職代行業者がオススメできない理由

 

実は自分でもできることにお金を払ってる

退職代行のネガティブな話でよくあるのが、「退職なんて自分で退職届を出すだけ。それを金払って業者に依頼する必要なんて無い」という意見です。

Right Caption

ベンゾー

本業で労働問題の専門家をしている僕から言えば「ぶっちゃけその通り」なんです笑

 

退職なんてそもそも自分でやるのが当たり前のことで、こんなことを他人に任せるなんてことは「普通はあり得ない」ことです。

長いこと労働問題の専門家として働いていますが、いまだかつて「退職を自分じゃできない」なんて言っている人に出会ったことがありません。

 

じゃあなんで退職代行をオススメしているかって言うと「普通じゃない会社」がいるからです。

法律論で言えば・・・

  • 「退職届」を出せば退職は成立
  • 有給休暇を使いたいなら届出すればOK
  • 退職金は早急に手続きされる
  • 源泉徴収票や離職票は会社が勝手に手配してくれる
  • 最後の出勤分までしっかり給料を払う

こうなります。

でも「普通じゃない会社」だと・・・

  • 「退職届」を出せば退職は成立
    ⇒退職届は受け取らない!
  • 有給休暇を使いたいなら届出すればOK
    ⇒有給休暇は断る!
  • 退職金は早急に手続きされる
    ⇒退職金は無視する!
  • 源泉徴収票や離職票は会社が勝手に手配してくれる
    ⇒源泉徴収票も離職票も手配しない!
  • 最後の出勤分までしっかり給料を払う
    ⇒払わない!

こうなります。

もちろんそれぞれのパターンに自分で対処する方法はあります。当然お金はかかりません。

でもそれをやるだけの知識は持っていますか?対処方法を調べるための時間はありますか?

 

僕のように本業の関係で最初から知識がある場合は別として、普通の方がこれらの対処方法をイチから調べて間違えずに最後までやり抜くのって結構大変なんじゃないかと思います。

Right Caption

ベンゾー

だったら3万や5万を払って、業者にお願いしたって良いんじゃないでしょうか。

 

言うなれば「歩いていけば面倒だけどタダの道のりを、タクシーに乗って楽して行く」って感じですね。

絶対に自分だけで対処できないわけじゃないけど、そこまでする必要ある?ってことです。

ちなみに実際に退職代行を使った僕からすると、「休み明けの仕事を考えなくて良い長期休暇はマジで最高」です。めっちゃくちゃ羽を伸ばせました。

 

実体験|退職代行を使って感じたメリット

Right Caption

ベンゾー

僕自身の実体験をベースに、退職代行を使って感じたメリットを紹介します。

退職代行を使って感じたメリット

  • 嫌がらせを受けずに退職できる
  • 退職日の引き延ばしをされずに済む
  • 当然のように有給休暇を全部消化できる

退職宣言後の嫌がらせを受けずに済む

退職代行を使うことの最大のメリットは「会社の人と直接コミュニケーションを取らずに退職日を迎えられる」という点です。

Right Caption

ベンゾー

退職を伝えたら会社に嫌がらせをされることも!自分で伝える場合は要注意です

ぶっちゃけ退職届を提出してしまえば退職代行を使わずとも退職できます。

「だったら退職代行なんて使わなくてもいいような・・・」

と、思っていました。

 

ですが、退職届を提出したときにどんな嫌味を言われるかって心配じゃないですか?

ヤバい会社なら提出したその日から嫌がらせがスタートですよ?

ちなみに僕が退職を切り出した後に実際に受けた嫌がらせはコチラです。

  • 「退職なんてさせない」発言
  • だいぶ昔の失敗までほじくり返して説教
  • 休みの日にまで電話をしてくる
  • みんなの前で人格否定
  • トイレに行くことすらさぼり扱い

これが退職日までずっと続くと思うと、精神がぶっ壊れちゃいます。たぶんリアルにうつ病が発症する人だっていると思います。

Right Caption

ベンゾー

酷い嫌がらせをガマンし続けるくらいなら、退職代行にお金を払って会社の人とコミュニケーションを取らずに退職した方が100倍マシです。

 

退職日を引き延ばされずに済む|実質、ほぼ即日退職できました

ブラック企業を退職するときにありがちなのが、なんだかんだ理由を付けて「退職日を延ばしてくる」ことですね。

一般的な会社では退職を切り出した後1~2ヶ月で退職となる場合が多いです。

Right Caption

ベンゾー

実際、僕が本業で就業規則を見ていても1~2か月、ちょっと多くて3ヶ月という会社が多いですね。

 

一方で僕がいた会社はというと「そもそも退職を認めない!」から始まって、「認めるとしても半年後だ!」とか言ってきました。

「何言ってんだバーカ」って感じで、退職代行使って有給休暇を使い切れる1か月後に退職しましたけどね。

結果的に・・・

  1. 月曜日:退職を切り出す
  2. 火曜日:揉める(夜に退職代行へ登録)
  3. 水曜日:さらに揉める(夜に退職代行へ正式な依頼)
  4. 木曜日:揉め続ける
  5. 金曜日:有給休暇の消化開始(退職代行が会社に連絡)
  6. 約半月後:退職

という感じで退職を切り出して1週間以内には有給休暇に入って、そのまま退職できました。

Right Caption

ベンゾー

実質ほぼ即日退職したようなもんですね。

 

退職代行は有給休暇の全部消化が当たり前

上でも少し書きましたが、退職代行を使って退職するケースは有給休暇を全部消化するのが当たり前になってきています。

Right Caption

ベンゾー

ブラック企業だといまだに「有給休暇を全部消化するなんて有り得ない!」みたいな対応をしてきます。ブラック企業を退職する予定の方には特に退職代行がオススメできます。

 

退職をする方の中には、有給休暇の利用を諦めてしまう方が非常に多いです。

でも有給休暇を全部消化できるかどうかって思っているより大事ですよ。

例えば・・・

  • 週5日勤務で2年半務めている
  • 有給休暇を5日ほどしか使っていない

という場合、有給休暇は15日余っている計算になります。

これだけで元々お休みの日を含めて1ヶ月近く休むことができます。もちろん給料も出ます。

休んでる上にほぼ丸々1ヶ月分の給料が出ますからね。退職代行に払うお金なんて3万~5万程度なので有給休暇で貰えるお金に比べたらかなり安いですね。

 

 

僕自身、退職時に10日以上ある有給休暇を全部使って、約半月休みました。

社会人になると、相当長い連休でも土日含めて10日ほどです。半月も休めることなんてまず無いですね。

しかも休み明けの仕事の心配を1ミリもしなくて良いんです。

普通の連休だったら、休み明けにやる仕事のことを考えなくちゃいけないですよね。でもこの場合は「休み明け=退職日」なので仕事の心配がいりません!

Right Caption

ベンゾー

仕事の心配もお金の心配もをせずに半月も休むなんて、社会人になった後の人生では何回訪れることか。下手したら1回も訪れない人だっているんじゃないでしょうか?

 

使うかどうか数日迷うくらいなら「今日」使うべき

たぶんこの記事を見ているあなたは、退職代行を使おうか迷っていますよね。

Right Caption

ベンゾー

実際に使ってみた僕からすると、使うかどうかで数日かけて迷うくらいなら今日中に使うべきです。

迷うくらいなら今日中に使った方が良い理由

  • 即日退職OKとうたっている業者が多いけど、リスクは大きい
  • 業者との打ち合わせに時間を使いたいから
  • 新しい環境に早く行くとメリットがあるから

以下では、この理由を詳しく解説していきます。

 

即日退職OK!だけどリスクは大きい

色んな退職代行の業者が「即日退職OK!」とうたっていますが、本業で労務のプロをやっている僕からするとさすがに「即日退職」はリスクがあります。

少なくとも1~2週間。できれば1ヶ月後を指定して退職するのが望ましいですね。

Right Caption

ベンゾー

もちろん退職までの間は有給休暇を使う前提ですよ!

 

次の転職先の関係で退職しておきたい日が決まっているのであれば、早めに退職を切り出した方がリスクが少なくなります。

例えば次の転職先から1月には入社して欲しいと言われているのに、退職代行を12月下旬に申し込んだ場合、残りの期間がちょっとしかないですよね。

それでも退職できるとは思いますが、リスクが大きいのは間違いないです。

だったら、11月くらいには登録と依頼をしておき、有給休暇を使って12月末まで休んでしまった方が良いですね。

Right Caption

ベンゾー

どうせ退職するなら、リスクは減らした方が良いですよね!

 

業者との打ち合わせに時間を使いたいから

退職代行業者に登録をするとヒアリングが行われ、退職までの具体的な道筋を決めることになります。

このとき自分の中では「こうすれば良いかな」と思っていたことでも、退職代行業者から別の方法を提案されることもあります。

Right Caption

ベンゾー

本業で労働問題の専門家をしている僕でも、退職代行業者から提案をされるまで見落としていた。なんてことがありました。

 

退職に慣れていない方なら、なおさら時間がかかるはずです。

「2週間後に退職しよう!」と思って登録したのに、打ち合わせに2週間かかって「明日退職しなくちゃならない」なんてことも起こり得ます。

 

僕がオススメしている退職代行業者はすべて「登録と相談までなら無料」となっております。

相談までしたけど結局使うのをやめた。ということも可能なので、とりあえず登録を済ましてゆっくり相談をした方が良いでしょう。

 

新しい環境に早く行けるメリットがあるから

Right Caption

ベンゾー

転職先の会社にもよりますが、基本的に入社時期は早ければ早いほど良いです。

例えば「1月には入社して欲しい」と言われても「じゃあ12月に入社して良いですか?」と聞いて断られることはまずありません。「早く入社できるなら、いつでもウェルカム!」って感じです。

 

だったらヤバい環境でガマンして何ヶ月もいるより、新しい環境に少しでも早く行った方が良いですよね?

僕自身、退職代行を使ったことで当初の予定より早く入社することになりました。そのとき実際にあったメリットは以下の通りです。

予定より早く入社したメリット(実体験)

  • 新しい会社に感謝された
  • 有給休暇の付与が早くなった
  • ボーナスの支給対象になった
  • 早く仕事を覚えられた
  • 忘新年会に参加できて、早く環境に溶け込めた
  • 前職より給与がアップしたから、早く入社した分年収が増えた(約80万UP)
  • 昇給のタイミングに間に合ったので、入社早々に給料アップ

こうやってブログに書き連ねるために改めて考えてますけど、やっぱり早めに退職代行を使う決断をして良かったですね。

Right Caption

ベンゾー

特にお金の話だけで言うなら、年収に換算すると80万円も上がっていました。

 

ここにあげたメリットはあくまで僕自身の経験なので、この通りにはいかないかもしれません。

でも後回しにすることで良くなることはあり得ないです。

使うかどうか悩み続けるくらいなら、とりあえず登録してみるのがオススメです。

僕がオススメしている退職代行業者なら、登録・相談までなら無料で対応してくれます。

 

退職代行を使わなくても大丈夫な人の条件

退職代行を使わなくても大丈夫という人の条件をまとめてみました。

退職代行を使おうか迷っている人の中で、以下の8点に全部あてはまるようであれば退職代行を使わなくても大丈夫です。

退職代行を使わなくても大丈夫な人

  1. 退職をするために、会社に提出するものをすべて把握している
  2. 退職をした後、会社から貰うべきものをすべて把握している
  3. 退職届の作り方を知っている
  4. 従業員が行使できる権利をすべて把握している
  5. 有休消化の交渉ができる
  6. 退職日を延ばされそうになっても抵抗できる
  7. 上司から電話がかかってきても嫌な気分にならない
  8. 上司とのやり取りで感情的にならない

これらに全部あてはまるようであれば自力で退職をしても特に問題ありません。

Right Caption

ベンゾー

もし、1つでもあてはまらないものがあり、それをどうにかするために3万円~5万円払っても惜しくないという人は退職代行を使ってみると良いです。

 

まとめ|退職代行を利用した「その後の話」

この記事で伝えたい結論

  • 退職理由はどうなる?
    ⇒普通の退職と同じなので心配無用
  • 裁判や法的な措置を取られる可能性はある?
    ⇒絶対に無いとは言い切れない
  • 有給休暇って本当に使えるの?
    ⇒全部使えました
  • どんなメリットがあるの?
    ⇒嫌がらせや引き延ばしをされずに済む
  • デメリットは?
    ⇒悪徳業者じゃないか不安。あとお金がかかる
  • 使おうか迷うくらいなら今日使うべき
    ⇒メリットを強め、リスクを減らせるから
  • 退職に関して全部自分でできるのなら、退職代行を使わなくてもOK

 

退職代行を使うデメリット

  • 使う直前までは結構不安
    ⇒オススメしている業者は安心です
  • そもそも自分でできることにお金を払ってる
    ⇒やってもらった方が楽

 

退職代行を使うメリット

  • 嫌がらせを受けずに済む
  • 退職日の引き延ばしをされずに済む
  • ほぼ即日退職が可能
  • 有給休暇は全部消化

 

Right Caption

ベンゾー

退職代行を使おう迷ってる方に向けて、僕の実体験をもとに「退職代行を使った後」にどうなったのかをまとめてみました。

すでに退職代行を使ってからだいぶ経っていますが、この記事を書いていて改めて「使って良かった」と感じています。

だってお金だけで言っても年収80万円ほどUPしてますからね。残業も無くなったから毎日子供と遊ぶ時間が増えましたし。

その上、器の小っちゃい(ペットボトルのキャップくらいかな?)上司や経営者のわがままに付き合わなくて良くなりました。

ちなみに実際に退職代行を使った僕からすると、「休み明けの仕事を考えなくて良い長期休暇はマジで最高」です。めっちゃくちゃ羽を伸ばせました。

 

現在の職場環境で耐えきれない悩みがあるのなら、退職代行はマジでオススメです!

ここまで読んでいただいて退職代行を使う決意ができた方は「30社から選んだオススメ退職代行業者2選|3つの選ぶ基準を解説」もご覧ください。

Right Caption

ベンゾー

ちょっとググるだけで30社も出てくるような退職代行業者の中から、たった2社にまで厳選したオススメの退職代行業者の紹介と、退職代行業者を選ぶために重要な基準を紹介しています。

 

この記事を書いた人

ベンゾー@元SEの社会保険労務士事務所職員

元SEで残業地獄を経験し退職 / 社会保険労務士事務所に転職 / 友人・知人がブラック企業でうつ病になったことを後悔 / 労働問題の専門家としてブラック企業からの脱出方法を発信中 / 退職代行利用経験1回 / 会社を労基に訴え経験2回/ 転職経験2回 / ブログのコンセプトは「ブラック企業で悩む人を法的に守る」「プロフィールはこちら

広告