求人票の項目を全部解説|ブラック企業を見分ける方法

2019年7月18日

広告

この記事を書いた人

ベンゾー

SEとして残業100時間超の中働き、20代後半で退職。その後、労務のプロへ転職 / 友人知人をうつ病へ追いやったブラック企業が嫌い / 労務のプロ目線でブラック企業からの脱出方法を発信中 / 退職代行利用経験1回 / 会社を労基に訴え経験2回/ 転職経験3回 / 息子のおしりを触るのが好き「プロフィールはこちら

求人票の項目を全部解説|ブラック企業を見分ける方法

お疲れ様です。SEから労務のプロへ転職したベンゾー(@zangyoujigoku)です。

今回は求人票に記載されている項目ごとに、注意して見ておくべきことを解説します。

あなたは求人票を見るとき、どんなことに注意して見ていますか?

給料や休日数?仕事内容?それとも会社の規模でしょうか?

求人票って普段見慣れない用語を使っていたり、他との比較が難しかったりして何に注意すれば良いのかわかりにくいですよね。

僕は新卒で就活をしたときと、初めての転職のとき、あんまり求人票の見方を分かっていませんでした。その結果、思っていたよりも長時間残業のある職場だったり、休日の少ない会社だったという経験があります。

それぞれの職場で得られたものはありましたが、はっきり言って就職・転職失敗です。スキルだけ付けてさっさと別の会社に移りました。

だから今回は求人票に記載されているすべての項目に対し、注意しておくべきことを解説します。この記事を読んで僕のような失敗をしないようにしましょう!

 

広告

そもそもハローワークの求人はブラックばかり?

まず最初に大事なことを書きます。

よく言われているのが「そもそもハローワークの求人はブラックばかりなのか?」ということ。僕が出した結論は以下の通りです。

  • 必ずしもブラックではない
  • 残業の少ない会社が多い

ご存知の方も多いと思いますが、基本的にハローワークの求人は小規模な会社ばかりです。一方、民間の求人サイトは大規模な会社も多数掲載されています。

それはハローワークは掲載が無料であるのに対し、民間の求人サイトは掲載料がかかるからです。あまり経費をかけられない会社はハローワークに掲載し、経費をかけられる会社は民間求人サイトに掲載をしています。

 

ただ、「じゃあハローワークの求人なんてブラック企業ばっかりだ」と決めつけるのは早いです。確かに規模の小さい会社が多いですが、全部ブラック企業というわけではありません。

規模が小さいということは受注量が少ないということ。つまり残業が少ないということです。
※もちろん規模に反して受注量が多く、残業が多い会社もありますが

僕自身、仕事を通して100以上の会社を見てきましたが、ちょっと高めな給料とボーナスを払っており、残業も少ない会社もハローワークに求人を出していることがあります。

 

それはハローワーク経由の求人だと、助成金(会社が国から貰えるお金)を貰えることがあるからです。

この辺りのことをもっと知りたい方は「ハローワークの求人にもホワイトがいる?掲載企業を実際に見た感想」をご覧ください。ハローワーク求人の特徴とその理由、ホワイト企業も求人を出している理由を解説しています。

 

求人票の項目別注意事項

ここからは求人票の項目別に注意して欲しい点を紹介・解説していきます。

項目の内容はハローワークの求人票を参考にしています。民間の求人サイトでもほぼ同じ項目を使っているので、参考にしてみてください。

ブラック企業を見極める上で注意しておきたい項目には「要注意!」と書いておきます。時間の無い方は「要注意!」と書かれた部分だけご覧ください。

 

求人情報の種類

「フルタイム」や「パート」といった表記がなされています。ここでは特に注意すべきことはありません。

あなたが働くときに、正社員としてたくさん働きたいなら「フルタイム」。短い時間で働きたいなら「パート」の求人を選びましょう。

 

事業内容

「業界」と読み替えるとわかりやすいかもしれません。例えば「建設業」とか「医療」「福祉」という内容が書かれています。

あなたがやる仕事内容というより、会社全体としてどんな仕事をしているかという内容が書かれています。

事業内容によって、残業時間・休日数・給料なんかがある程度決まっていることもあるので、新しい分野に転職する際は注意しておきたい項目です。

 

職種

実際にあなたがやる仕事内容をざっくりと説明した項目です。「事務」とか「営業」「開発」といった内容が書かれています。

この時点では具体的な仕事内容が書かれていませんので、特に注意する必要はありません。

 

雇用形態|要注意!

どういった契約で働くことになるのかを書いています。「正社員」とか「正社員以外」という表記が多いですが、「正社員以外」という表記もあります。

「正社員以外」というのは契約社員や嘱託社員のことを言います。「契約社員」や「嘱託社員」というのは、働く期間をいつからいつまでと決めている社員のことです。

例えば4月1日~9月30日までという感じです。期間を定めている理由はいくつかあります。その時期だけ忙しい業種であったり、本採用までの見極め期間であったり。

 

結論としては、あんまり特別な理由が無い限り「正社員以外」の求人は避けた方が良いです。ちゃんとした理由で契約社員や嘱託社員を求めている会社もありますが、中には訳の分からない理由で契約社員を募集している会社もあります。

見極めるのは難しいですし、変なリスクを抱える必要も無いので、最初から「正社員」で募集している会社だけ選んだ方が良いですね。

 

産業

事業内容とほぼ同じです。特に注意することはありません。

 

就業形態

求人情報の種類とほぼ同じで、フルタイムとかパートという表記がされています。特に注意することはありません。

 

雇用期間|要注意!

雇用形態とほぼ同じ注意事項になります。雇用期間というのは働く期間のことです。「雇用期間の定めなし」となっているものだけ選ぶようにしておけば問題ありません。

 

年齢と制限の理由

基本的に「不問」となっていることが多いですが、たまに年齢制限のある求人もあります。あなたの年齢が対象外になっていなければ特に気を付ける必要はありません。

 

就業時間と休憩時間|要注意!

1日で働く時間のことです。例えば朝8時半に出勤し、17時半まで働き、12時から13時までは昼休みと言う場合「8:30~17;:30」。休憩時間は60分と書かれています。

ここの時間に残業時間は含まれていないので、17時半までと書かれていても残業で21時まで働くようなこともありえます。

 

ここで1番注意して欲しいのが「変形労働時間制」と記載されている求人です。次の項目である「時間外」と関連が強いのでそちらでまとめて書きます。

 

時間外|要注意!

これ超重要。時間外というのは1ヶ月の残業時間のことです。

一般的によく言われているのは「そもそもあんまり当てにならない」ということ。「時間外20時間」と書いてあってももっと残業することもあります。現実と求人票の内容にあんまりにも差があると問題ですが、多少差があっても問題にならないからです。

 

これに加えて僕が注意して欲しいと思っているのは就業時間の項目で「変形労働制」と記載されている場合です。

業種によっては、1週間で2日の休日が無いものもあります。例えば建設業や病院関係、介護関係なんかは1週間で6日間出勤することが多いですね。

このように1週間に2日の休日が無い業種であれば「変形労働制」となっていても良いです。

 

ただ、一般的に1週間に2日の休日がある業種で、「変形労働制」と書かれている求人は避けるべきです。

「変形労働制」の説明は長くなるので、もっと深く知りたい方だけ「残業時間が少ない求人票の種明かし|労務のプロがざっくり解説」をご覧ください。

結論だけを書くと、変形労働制を使っている会社では、思っているより残業時間が少なくなります。「今月は20時間くらい残業したな~」って思っていたら5時間くらいしか残業したことになってないという意味です。

 

週所定労働日数

1週間で何回出勤する必要があるかという日数です。休日出勤は含みません。

例えば週所定労働日数が5日だと、月~日曜の間で5日出勤するという意味です。たまたま忙しくて6日出勤したとしても、週所定労働日数は5日です。(休日出勤は含まないので)

実際は祝日があったりして毎週必ず同じになるとは限らないため、空欄になっていることが多いです。
あんまり注意する必要がありません。

 

賃金|要注意!

給料のことです。これ大事なのでよく読んでください。

パッと見の金額が高いからって飛びついてはダメです。高く見せかけているだけというケースがあります。

どういうことかって言うと、ある程度の残業を見越して最初から手当を付けておくという制度を利用している求人があるからです。

「固定残業代」という制度で、「みなし残業」とも呼ばれたりします。

固定残業代を使っている場合は求人票で明記するように言われていますが、2つ問題点があります。

  1. ちゃんと「固定残業代」と明記しない求人がある
  2. 求職者が理解できていない

1は違法なんですが、実体としてこのようなことをしている企業もあります。この場合は労基署を使えば未払いの残業代として請求できる可能性もありますけどね。

2は求職者の人が知らないのが悪い。ってことで片付けられてしまう問題ですね。この記事を見ていただいた方なら問題ないと思いますが。

なんにせよ正しく運用している固定残業代制度は合法なので、知っておいた方が良いです。入社してからじゃ遅いので。

「やたらと給料の高い求人票の種明かし|労務のプロがざっくり解説」で例を使って詳しく解説しています。固定残業代をよくわかっていない方は是非ご覧ください。

 

賞与

ボーナスのことです。ボーナスがある場合は前年の実績を書くこととされていますが、社員によってバラつきがあるものですし、あくまで実績なので今後どうなるかは未定というものです。

あんまり過度な期待はしない方が良いです。

 

休日、週休二日、年間休日数|要注意!

休日関係なのでまとめて書きますね。

まず知っておいて欲しいのが「週休二日制」と「完全週休二日制」の違いです。

  • 週休二日制・・・週に2回お休みがある週が、1ヶ月の中に1回以上ある
  • 完全週休二日制・・・毎週必ず2回お休みがある

「完全」と付いていない場合は、日曜日しかお休みがない場合があるというイメージですね。

 

その上で注意して欲しいのが、「基本的には完全週休二日制を選ぶべき」ということです。業種によっては「週休二日制」が当たり前になっているところもあります。例えば建設業や医療関係ですね。こういった業種の場合は週休二日制でも良いです。

ただ、普通は完全週休二日制である業種なのに週休二日制になっている場合は要注意です。ブラック企業と見てほぼ間違いないでしょう。

このような求人では年間休日数が120日未満になっていることが多いです。わざわざ休日の少ない求人を選ぶ必要はありません。

休日については実は残業代にも大きな影響があります。その辺りも書くと長くなるので興味のある方は「求人票の見方|「年間休日〇〇日」ってどれくらい?」をご覧ください。

 

育児休業取得実績|要注意!

一応説明すると育児休業というのは出産後に子育て目的でしばらくお休みすることを言います。勘違いしている方もいますが女性だけの権利ではありません。男性も育児休業は取得できます。僕も取得しました。

ただ実体として男性の育児休業はまだまだ少なく、最近ようやく増えてきたかなという印象ですね。

そういうわけで、建設業界のように男性が多い企業では「実績なし」となっていることがありますが、まあ問題ありません。問題なのは普通に考えて女性もいるであろう業界なのに「実績なし」となっている場合です。

 

もし、いまだに妊娠した女性を退職に追いやっているような企業であれば大問題です。

そもそも妊娠を理由に退職させることはアウトですし、それをアウトと知らない経営者であれば情弱過ぎてアウトです。知ってて退職させている経営者ならリスク管理ができてないのでアウトです。

恐らく育児休業以外のところでも叩けばホコリが出るような企業なので、わざわざ選ぶ理由がありません。

 

利用可能な託児所

あればすごいですが、無くても企業として問題ありません。特に注意することも無いです。

 

就業場所

実際に勤務する場所です。会社の所在地と異なる場合もあるので、必ず1度は確認をしておきましょう。それ以外では特に注意することはありません。

 

転勤

小規模な会社なら「なし」が多いですが、大きな会社になると「あり」と書かれている場合があります。どうしても転勤したくないのであれば、「なし」の会社を選んだ方が良いです。

 

従業員数

従業員数は多いほど良いというわけではありません。少なくてもしっかりと利益を上げて従業員に還元している会社もありますし、多くてもブラック企業はたくさんあります。

あまりたいした目安になりませんので、従業員数で会社を選ぶようなことはしなくて良いです。

 

加入保険等

雇用・労災・健康・厚生。この4つが最低限です。加入しなくても良いケースもありますが、加入しておいた方が良いものばかりです。加えて退職金などがあればその方が良いですね。

 

定年制

基本的には60歳や65歳という会社が多いです。あなたの年齢がそろそろ60歳というとき以外、特に気にする必要はありません。

 

再雇用

定年退職後に改めて雇い入れるという制度の有無を書いています。定年制と同様で、あなたの年齢が定年間近でなければ気にする必要はありません。

 

入居可能住宅

いわゆる社宅のことです。都市部の大企業ではありますが、地方や中小企業ではあまり無い制度です。
住みたいのであれば良い制度ですが、特段気にする必要はありません。

 

マイカー通勤

自家用車での通勤が可能かどうかを書いています。駐車場の無い会社だと不可になっていますが、その代わりの通勤手段があるはずなのであんまり気にする必要はありません。

 

通勤手当

通勤にかかる費用を従業員に支払うための手当です。ある程度の通勤距離があるのに「支給無し」と言う場合以外は気にしなくても大丈夫です。

もちろん多い方が良いですが、個人的には通勤手当の金額よりも通勤距離が近いことの方が重要と考えています。

 

採用人数

特に気にする必要はないです。採用人数が1人だとブラックとかホワイトってことはないですね。

従業員全体で100人の会社で採用人数30人とかって書いてあったらおかしいですが、そんな求人は無いと思うので気にする必要はありません。

 

仕事の内容|要注意!

ここは大事です。仕事の内容を丁寧に書いていない会社はブラック企業と言ってもいいでしょう。

「仕事の内容」は就職後にどんな仕事をするのかイメージできるくらい明確な内容が書かれているべきです。これを「営業」とか「事務作業」というように雑な書き方をしている場合、「採用」という仕事に力を入れていない可能性が高いです。

「仕事の内容」はなるべく丁寧でわかりやすい文章が書かれた求人票を選ぶようにしましょう。

 

学歴

そこまで気にする必要はありません。一般的に簡単な仕事の場合は「高卒以上」と書かれていることが多いですが、だからといってブラック企業というわけではありません。

経営者の方針として、基礎学力の高さを重要視していないというだけです。本当に専門的知識を必要としている場合、資格や経験の欄でその旨を書いていることが多いです。

 

必要な経験等

ブラックかどうかという意味では気にする必要はありません。ここに書かれている経験がまったくない状態で応募をしても、採用される可能性は低いです。

 

ただ、採用されるにあたって本当に必須なのかというと、そうではありません。

近い分野での経験があれば採用されることもあります。どうしても応募したい企業があるけど、必要な経験を満たせていない!という場合はダメ元で応募してみた方が良いです。

 

必要な免許・資格

「必要な経験」と同じです。

 

選考方法、選考結果通知、応募書類等、選考日時

特に注意することはありません。

 

求人条件にかかる特記事項

募集に至った理由などを書いている求人票が多いです。特に内容を気にする必要はありません。

 

備考

特に注意することはありません。

 

まとめ|求人票の項目を全部解説

ハローワークの求人票をもとに、ブラック企業を見極める上で注意しておきたい項目は以下8つです。

  1. 雇用形態
  2. 雇用期間
  3. 就業時間と休憩時間
  4. 時間外
  5. 賃金
  6. 休日、週休二日、年間休日数
  7. 育児休業取得実績
  8. 仕事の内容

こうして書いてみると結構注意するべき項目が多くなりましたね。これでも厳選したつもりなんですよ。

「変形労働制」とか「固定残業代(みなし残業)」のような専門用語も出てきますが、ブラック企業に入らないためにも是非理解しておいてください。

これだけ注意しても「ブラック企業に入ってしまったらどうしよう・・・」という方は「会社を辞めるという選択肢|身体や家庭を壊される前に必ず読んで」もご覧ください。ブラック企業に入ってしまった場合の注意点をまとめています。

 

この記事を書いた人

ベンゾー

SEとして残業100時間超の中働き、20代後半で退職。その後、労務のプロへ転職 / 友人知人をうつ病へ追いやったブラック企業が嫌い / 労務のプロ目線でブラック企業からの脱出方法を発信中 / 退職代行利用経験1回 / 会社を労基に訴え経験2回/ 転職経験3回 / 息子のおしりを触るのが好き「プロフィールはこちら

広告

求人票

Posted by benzo