求人票の見方|「年間休日〇〇日」ってどれくらい?

2019年7月18日

広告

この記事を書いた人

ベンゾー

SEとして残業100時間超の中働き、20代後半で退職。その後、社会保険労務士事務所へ転職し「労務のプロ」と名乗る / 友人知人をうつ病へ追いやったブラック企業が嫌い / 労務のプロ目線でブラック企業からの脱出方法を発信中 / 退職代行利用経験1回 / 会社を労基に訴え経験2回/ 転職経験3回 / 息子のおしりを触るのが好き「プロフィールはこちら

求人票の見方|「年間休日〇〇日」ってどれくらい?

お疲れ様です。SEから労務のプロ(社会保険労務事務所職員)へ転職したベンゾー(@zangyoujigoku)です。

今回は求人票に書かれている「年間休日」について紹介します。

特に・・・

  • 「年間休日〇〇日」っていうのが多いのか少ないのか
  • 業界としては普通なのか
  • 「年間休日」と実は大きな関係のある「残業代」のこと

について解説します。

 

あなたが会社選びをする中で重要視するポイントはどこですか?

僕はブラック企業で長時間労働をしていたこともあって、以下の順番に重要視しています。

  1. 労働時間(休日数、残業時間)
  2. 給料
  3. 業務内容
  4. その他

僕と同じように「労働時間」を最重要視している方は必見です。

 

求人票をいくつか見ていると「年間休日数」という項目が会社によってバラバラであることに気付きませんか?「年間休日数」は同じ業界や職種であってもバラバラであることが多いんです。

もちろん休日は多い方が良いわけですが、誰しもが休日数の多い会社に就職できるわけでもないですよね。

ちゃんと年間休日の意味を理解しておかないと、思いがけない出勤日があったり、家族や友人と休みのタイミングが合わない。なんてことになりがちです。

 

それに年間休日数が少ないと実は残業代も減ることになります。

「俺は休みが少なくても残業をガンガンしていっぱい稼ぐぜ!」という方も、ちゃんと年間休日を見ておきましょう。

じゃないと「残業いっぱいしたけど残業代が少ないぜ!」ってなっちゃいますよ。

 

広告

年間休日とは?|年間のお休みの日

まずはそもそも「年間休日ってなんなんだ?」ということを解説しますね。分かりやすさ重視で解説します。

ざっくりと言うと「年間のお休みの日」です。つまりカレンダー通りにお休みできる会社の場合は「土日祝日」というように読み替えることができますね。

さらに言うと、夏季休暇や年末年始休暇も「年間休日」に含まれます。

 

ここで大事なのが「休日出勤」です。

元々土曜日がお休みの会社だけど、諸事情で土曜日に出勤した場合、その出勤は残業として扱います。

しかし土曜日が出勤日だから出勤した場合、その出勤は残業ではないんです。

何が言いたいのかというと、元々土曜日がお休みだけど出勤した場合と、元々土曜日は出勤日なので出勤した場合では扱いが違うということです。

もの凄く極端な話をすると、年間休日が120日くらいあるけど超忙しいから休みの日は毎回出勤している場合と、本当に年間休日が0日だから毎回出勤している場合とでは、残業代が全然違ってきます。

※極端な話ということで、色々法律を無視した例です

 

年間休日には有給休暇を含めない

年間休日がざっくり言うと「年間のお休みの日」ということでしたが、ここに含めないお休みがあります。それが「有給休暇」です。

そもそも「休日」と「休暇」では意味が違うんですね。「休日」は最初から休みの日のことを指すのに対し「休暇」は元々働く日だけど休む日のことを指します。

意味合いの違うものなので、年間休日に有給休暇を含ませることはできません。

 

年間休日数の目安

年間休日数は業界や会社のブラック具合によって変わってきます。

ここでは労務のプロとして色々な業界を見てきた僕が、業界ごとの休日数の目安を紹介します。

 

年間休日数の計算方法|124日から引き算をする

年間休日数の目安を理解するために、まずは年間休日数の計算方法を紹介します。

先に述べたように年間休日とは「年間のお休みの日」ですから、お休みの日を数えるだけでオッケーです。

例えば毎週土日と祝日がお休みの場合は以下のようになります。

土日の回数=52×2=104
※52というのは1年間の週の数です。

 

ここに祝日の数を足します。

平成31年の時点で日本の祝日は16日あります。令和になってからは多少変わるかもしれませんが、基本的に減ることはあんまりないです。

ちなみに日曜日と祝日が重なると翌日が振替休日になりますが、土曜日と祝日が重なった場合は休日が無くなるので、祝日による休日の数は減る場合があります。

 

最後に夏季休暇年末年始休暇を足します。

この夏季休暇と年末年始休暇は特に休まなければならないという決まりがないので、会社によって日数が異なることが多いです。

場合によっては0日という会社もありますが、多くの会社が土日祝日を含めない夏季休暇が3日程度年末年始休暇が7日程度です。つまり合計10日程度ですね。

 

土日+祝日+夏季休暇+年末年始休暇をすべて足すと以下のようになります。

104+16+10=130日

ここから土曜日と祝日が重なる日と、夏季休暇や年末年始と土日祝日が重なる日を除きます。

少なくとも元日(祝日)と年末年始休暇(1月1日)は重なるのでマイナス1日は確定ですね。年によりますが、だいたい6日くらい除くことになります。

つまり130-6=124日

これが土日祝日が休みで夏季休暇と年末年始休暇のある会社での年間休日数になります。

会社によって土曜日に出勤があったり、夏季休暇や年末年始が短い場合はここから引き算をすれば言いわけですね。

Left Caption

現役SEの北田さん

つまり124日を基準として、土曜の出勤回数や夏季休暇・年末年始の出勤回数を引いていけば良いってことだね!

 

例えば第2第4土曜日は出勤する会社の場合、年間で24回土曜日出勤があることになります。

祝日や夏季休暇・年末年始休暇と土曜日が重なって、結局休みになる場合も考慮しても年間で20回くらい土曜日出勤があることになります。

つまり124-20=104日

これが年間休日数ということですね。

 

年間120日以上の場合|土日祝日は全部休み

「年間休日の計算方法」で書いたように、土日祝日が全部お休みで、夏季休暇と年末年始休暇が合計10日くらいある会社の場合、年間休日は124日くらいになります。

つまり年間休日数が120日以上となっている場合がこれに該当します。

もし就職の条件として休日数を重要視しているのなら、年間休日120日以上という会社で探すことをお勧めします。

 

年間110日~118日の場合|月に1回土曜日出勤

年間休日110日~118日の会社はおそらく基本的に土日祝日がお休みだけど、月に1回だけ土曜日に出勤のあるような会社です。

年間の土日と祝日を足すと104+16=120日になります。ここから月に1回の土曜日(年間で12回)を除くと108日になります。

あとは夏季休暇や年末年始休暇を足すことで、110日~118日程度になりますね。そのため「110日~118日」という表記になります。

 

この日数は業種によって多いか少ないかが分かれます。

一般的に土曜日も仕事をしていることの多い業種として

  • 工業関係(建築、運送、工事など)
  • 福祉関係(医療、介護など)

この辺りが多いです。この業種では月に2回の土曜日出勤か、毎週土曜日出勤という会社が多いです。そんな中で土曜日出勤が月に1回だけというのは、休みの多い方になります。

ちなみに飲食業を始めとしたサービス業は、土日に働く代わりに月~金で休みを取っているケースが多いです。この場合は「1週間に2回休みがあるかどうか」で考えてみましょう。

 

土曜日も仕事をすることの多い業種に就職希望しているのであれば、年間休日110日~118日は比較的休みの多い会社になります。もし、この休日数で給料が他社と同水準であれば、ホワイト企業の可能性が高いです。

休みが多いのに経営できているということは、他社に負けない何か(ブランド力、技術力など)を持っていたり、従業員を大切にする考えの会社であることが予想されます。

土曜出勤の多い業種で働くことを希望しているなら、年間休日110日~118日はおススメです。

 

一方で土曜日を完全に休日としていることの多い業種なのに、年間休日が110日~118日と言う場合は他の会社に比べて出勤数が多いことになります。これでもし給料が他社と同水準なのであれば、ブラック企業の可能性が高いです。

休みが少ないのに給料が同じということは、他社との競争によるシワ寄せを従業員の労働力で調整しているということです。

つまりブランド力や技術力といった要素を持っていない上に、ノウハウの蓄積による業務の改善すら困難(つまり人の入れ替わりが激しい)という状態です。

従業員の給料を安くすることでなんとか保てているだけで、将来性の無い会社ですね。
どうしてもここの会社で働きたいという強い願望が無い限り、おススメしません。

 

年間105日前後の場合|月に2回土曜日出勤

年間休日105日前後の会社は、おそらく月に2回の土曜日出勤がある会社です。

年間の土日と祝日を足すと104+16=120日になります。
ここから月に2回の土曜日(年間で24回)を除くと96日になります。

あとは夏季休暇と年末年始休暇を足すことで、だいたい105日前後となります。

 

この日数も土曜日に仕事をしていることが多い業種かどうかで判断が分かれます。

一般的に土曜日の仕事が多い業種は

  • 工業関係(建築、運送、工事など)
  • 福祉関係(医療、介護など)

です。

休日数が105日前後というのは土曜日の仕事が多い業種であれば、いたって普通の会社です。

この業種で働くのなら、このくらいの休日数である覚悟が必要です。普通の会社なので、就職するのも比較的容易だと思われます。

 

土曜日が完全に休日であることの多い業種なのに、年間休日が105日前後と言う場合は要注意です。

給与水準が他社よりも高い場合、長時間労働をしている可能性が高いです。会社として営業力があるため受注量がすごい反面、それをこなすだけの労働力が足りていない可能性が高いです。

 

もし給与水準が他社と同程度あれば、これといって話す必要のないくらいブラック企業です。

わざわざこの会社に入社する必要はないでしょう。放っておいても従業員不足による経営難からの倒産になるはずです。

 

年間休日103日以下の場合|土曜も祝日も出勤

年間休日103日以下という会社は、土曜日の出勤に加えて祝日も出勤しているような会社です。

年間の土日だけで104日あるので、少なくとも1回以上は出勤をしています。さらに夏季休暇や年末年始休暇で休んでいるのであれば、その分土曜や祝日に出勤している計算になりますよね。

ここまでくると、さすがに土曜日に仕事をしていることが多い業種でしかありえないと思われます。

一般的に土曜日の仕事が多い業種は

  • 工業関係(建築、運送、工事など)
  • 福祉関係(医療、介護など)

です。

 

土曜日の仕事が多い業種であっても103日以下と言う場合は、規模の小さめの会社が多いです。割とマンパワーでなんとかしようという会社ですね。

この休日数で給料が少ないようであれば、わざわざ入社する必要はないでしょう。給料が高ければ悩んでも良いかもしれませんね。

 

休日が少ない=単価が安い=残業代が安い

休日が少ないというのは、実は残業代が少なくなってしまうんです。

それは残業代の計算が「1時間辺りの単価」を使って計算するからです。

 

残業代の計算は「1時間辺りの単価」×「残業時間」×「1.25」で出します。

具体的に言うと「1時間辺りの単価」が1,000円の会社で10時間の残業をすれば、残業代は12,500円です。

しかし1,500円の会社で10時間の残業をすると、残業代は18,750円です。

 

「1時間辺りの単価」は月給÷労働時間で求めますので、休日の多い会社の方が「1時間辺りの単価」が高くなるわけです。

例えば以下のような会社Aと会社Bで計算してみますね。

会社A 会社B
月給 30万円 30万円
1日の労働時間 8時間 8時間
年間休日数 124日 112日

違いは年間休日数です。イメージとしては会社Aは土日祝日全部お休み。会社Bは毎月土曜日は1回だけ出勤という会社です。

会社Aは月の労働時間が約160時間。会社Bは約168時間になります。

「1時間の単価=月給÷月の労働時間」なので・・・

  • 会社Aの単価は1,870円
  • 会社Bの単価は1,785.7円

となりますね。

仮にこの状態で月に30時間残業をした場合の残業代は・・・

  • 会社Aは70,125円
  • 会社Bは66,965円

差額は約3,000円ですね。この差が大きいとするか小さいとするかは人それぞれですが、僕なら会社Bで働くのは馬鹿らしいと感じます。

 

「1時間辺りの単価」については「給料が高くても単価は安い?あなたの1時間の価値を労務のプロが解説」で色々な例を使って詳しく解説しています。

労働時間によっては月給30万円の会社より、25万円の会社の方が「1時間辺りの単価」が高くなるという例も紹介しています。

 

まとめ|「年間休日〇〇日」ってどれくらい?

  • 年間休日数とは年間のお休みの日の数
  • 有給休暇は含めない
  • 土日祝日全部足すと120日
  • 夏季休暇と年末年始休暇を足すと10日ほど
  • 年間休日120以上は休みが多い方
  • 年間休日110〜118日は月に1回土曜日出勤があるような会社
  • 年間休日105日前後は月に2回土曜日出勤があるような会社
  • 年間休日103日以下は土曜日の出勤と祝日の出勤があるような会社
  • 年間休日が少ない=残業代が安くなる

年間休日が少ないとそれだけでも嫌なことですが、残業代まで安くなってしまうという話をしてみました。

「いっぱい稼ぎたいから休日なんていらない!」という方もいますが、単純に年間休日が少ない方が稼げるというわけでもないんですね。

 

ブラック企業はあの手この手で従業員から搾取しようと考えています。合法的に休日を減らせる方法があるならどんどん使うでしょう。

逆にこういった手法で休日を減らしている会社は、他の部分でも従業員から搾取をしているはずです。絶対に間違えて入らないようにしましょう。

求人票から見えるブラック企業を判断するポイントは他にもいくつかあります。「求人票の項目を全部解説|ブラック企業を見分ける方法」で解説しているので、是非ご覧ください。

この記事を書いた人

ベンゾー

SEとして残業100時間超の中働き、20代後半で退職。その後、社会保険労務士事務所へ転職し「労務のプロ」と名乗る / 友人知人をうつ病へ追いやったブラック企業が嫌い / 労務のプロ目線でブラック企業からの脱出方法を発信中 / 退職代行利用経験1回 / 会社を労基に訴え経験2回/ 転職経験3回 / 息子のおしりを触るのが好き「プロフィールはこちら

広告

求人票

Posted by benzo