今すぐ辞めたい人向け|退職代行業者の選び方から退職までの流れ

2019年9月21日

広告

この記事を書いた人

ベンゾー

SEとして残業100時間超の中働き、20代後半で退職。その後、社会保険労務士事務所へ転職し「労務のプロ」と名乗る / 友人知人をうつ病へ追いやったブラック企業が嫌い / 労務のプロ目線でブラック企業からの脱出方法を発信中 / 退職代行利用経験1回 / 会社を労基に訴え経験2回/ 転職経験3回 / 息子のおしりを触るのが好き「プロフィールはこちら

今すぐ辞めたい人向け|退職代行業者の選び方から退職までの流れ

お疲れ様です。SEから労務のプロ(社会保険労務事務所職員)へ転職したベンゾー(@zangyoujigoku)です。

 

退職代行業者って最近増えてきていますよね。下手に選択肢が多い分、どの業者を使うか迷ってしまいがちです。

でも、「退職」というイベントを変な業者に任せるのなんて絶対イヤですよね。

 

この記事では・・・

Left Caption

現役SEの北田さん

退職代行がどんなサービスなのかはもうわかってる!
Left Caption

現役SEの北田さん

退職代行を使う決意はできている!!

という方に向けて・・・

  • 退職代行業者の違い
  • 退職代行業者の選び方
  • 実際に使ってみた感想
  • 準備しておいた方が良いもの
  • 申し込みから退職までの流れ

を解説していきます。

この記事を読んでもらえれば、「あなたが選ぶべき退職代行業者」を見つけることができ、無事に退職できるようになります。

 

「実は退職代行がどんなサービスかよくわかっていない」という方で・・・

  1. 「退職代行」ってなんなのか?
  2. 怪しい業者ではないのか?
  3. どこまでやってくれるのか?
  4. 法律的に問題はないのか?

を知りたい方は「退職代行とは?実際に使った僕が、よくある疑問4点を解説」をご覧ください。

 

退職代行を使おうか迷っている」という方で・・・

  • 退職理由はどうなるのか
  • 裁判や法的な措置を取られないか
  • そもそも退職代行を使うメリットやデメリットは?

を知りたい方は「退職代行を利用した「その後の話」|使おうか迷ってる人へ」をご覧ください。

 

 

 

目次

広告

3種類の退職代行業者を「できること」の違いで比較

退職代行業者は大きく分けて以下の3種類あります。

  1. 弁護士の退職代行
  2. 弁護士監修の退職代行
  3. 労働組合型の退職代行

これら3つは「法的な意味でできるサービスが違う」という特徴があります。

特に「1.弁護士の退職代行」「2.弁護士監修の退職代行」は名前がそっくりですが、できることは全然違います。間違えないように注意しましょう。

先に結論を書くと以下の通りになります。

  • 損害賠償の心配を無くしたい!
    ⇒弁護士による退職代行
  • 損害賠償の心配は無さそう。だから安く済ましたい!
    ⇒労働組合による退職代行

 

「弁護士の退職代行」と「労働組合型の退職代行」の違い

まずは「弁護士の退職代行」「労働組合型の退職代行」の違いを解説します。

弁護士代行と労働組合型の代行の違い

<クリックで拡大>

こうして比べるとほとんど一緒ですが、違うのは「退職届の提出」「交渉決裂時の裁判対応」「損害賠償の対応」です。退職届提出以外の2つはいずれも「裁判」が絡んでくるものです。

裁判の対応だけは弁護士でないと代理することができませんので、ここに違いがあるんですね。

 

「弁護士の退職代行」と「弁護士監修の退職代行」の違い

次に「弁護士の退職代行」「弁護士監修の退職代行」の違いを解説します。

弁護士代行と弁護士監修の違い

<クリックで拡大>

一目瞭然で全然違いますね。簡潔に言うと「弁護士監修の退職代行」は「伝えること」しかできません。交渉をしたり代わりに何かを行うような行為は禁止されています。

 

結論|退職代行業者の違い

3種類をざっくり解説しましたが、結論は以下の通りです。

  • 損害賠償の心配を無くしたい!
    ⇒弁護士による退職代行
  • 損害賠償の心配は無さそう。だから安く済ましたい!
    ⇒労働組合による退職代行

それぞれ特徴がありますので、間違えて選ばないようにしましょう。

ここでは重要なポイントと結論だけをお伝えしましたが、もっと詳しく知りたいという方は「安全に安く退職したい|弁護士代行・監修・労働組合型の違い」の記事をご覧ください。

 

退職代行業者を選ぶ重要な3つのポイント

数ある退職代行業者の中から、あなたの「退職」をお任せする業者を選ぶためには3つのポイントがあります。

  1. 退職代行業者の種類(弁護士、弁護士監修、労働組合)
  2. 24時間対応しているか
  3. 料金

これら3つのポイントを重視して絞ることで、あなたの退職を任せるべき退職代行業者を絞ることができます。

 

退職代行業者の種類の違い

1つ目は上でも説明した「業者の種類」です。

詳しい内容は上で説明していますので割愛しますが、結論は以下の通りです。

  • 損害賠償の心配を無くしたい!
    ⇒弁護士による退職代行
  • 損害賠償の心配は無さそう。だから安く済ましたい!
    ⇒労働組合による退職代行

 

24時間対応をしているか

2つ目が「24時間対応をしているか」です。

ほとんどの退職代行業者のサイトには「24時間対応」という文言が書かれていますが、ほとんどは24時間受け付けているだけで返事は翌朝に来ます。

本当の意味で24時間いつでも返事をくれる業者となると、かなり限られてきます。

 

僕自身が使ったからわかるんですが、退職までの間って色んな心配事がどんどん出てくるんですよね。

  • 準備した方が良いものはないのか
  • 本当に出勤しなくて良いのか
  • 当日はどんな流れなのか

などなど。それらが早く解決できないともの凄く不安なんです!

 

料金

最後に3つ目が「料金」です。

弁護士の退職代行とそれ以外の退職代行では大きく金額が違っていますが、それぞれ相場があります。

ざっくり言うと弁護士の退職代行は54,000円で、それ以外は3万円という感じです。この相場よりもだいぶ安いところは、オプションで色々付いて相場を越えちゃうみたいなこともあります。

 

結論|おススメの退職代行業者は2つに絞られる

退職代行業者を選ぶ重要なポイントを3つ紹介しました。

ここでの3つのポイントはざっくりとした内容で終わらせました。もっと詳しく知りたい方は「退職代行業者を選ぶための、本当に重要な3つのポイント」の記事もご覧ください。

この3つ以外のポイントがなぜ重要ではないのかなど、詳しく解説しています。

是非参考にしてください!

 

  1. 退職代行業者の種類(弁護士、弁護士監修、労働組合)
  2. 24時間対応しているか
  3. 料金

上記3つを重要視して絞っていくと、実は2つの退職代行業者に絞られるんです。

ではどの業者とどの業者なのかは以下で解説します。

 

おススメの退職代行業者は2つだけ

上で書いたように、以下の3つのポイントを重要視することで、おススメの退職代行業者を2つに絞ることができます。

  1. 退職代行業者の種類(弁護士、弁護士監修、労働組合)
  2. 24時間対応しているか
  3. 料金

どの業者とどの業者がおススメなのかを解説していきます。

 

弁護士|「フォーゲル綜合法律事務所」の退職代行

1つ目は弁護士の退職代行である「フォーゲル綜合法律事務所」の退職代行です。

ここは「弁護士監修」ではなく、「弁護士が行っている」退職代行になります。

 

おススメとして選んだポイントは・・・

  1. 料金32,400円は弁護士の退職代行で最安値
  2. 本当に24時間対応をしてくれた

この2点です。

弁護士の退職代行は料金相場が54,000円となっています。その中で32,400円というのは頭一つ抜けて安いですよね。

 

しかもこの退職代行業者は珍しく「本当の意味で24時間対応」をしている業者なんです。

試しに深夜3時にLINEで結構難し目の質問を投げてみたところ、普通に数分後に返事がきました。

 

ただ、難点として以下の2つがあります。

  1. 口コミで、態度が悪いと出ている
  2. 料金は、裁判を想定するなら結局54,000円のコースになる

口コミについて、実際にフォーゲル綜合法律事務所に聞いてみたところ、退職代行とは別の部門での話とのことでした。

しかも法律的に対応ができない案件について、その旨を伝えたところ悪評が流れたと。これが真実ならちょっと可哀想な気もしますね。

 

料金について、このフォーゲル綜合法律事務所は2つのコースが用意されています。

退職代行だけを行うコースと、その後に訴訟を起こされた場合の裁判対応も込みのコースの2つです。

だから、裁判の対応を目当てにフォーゲル綜合法律事務所を選んだ場合、料金が結局相場通りの54,000円になってしまうんですね。

それでも「24時間対応」というメリットがある分、他の退職代行業者よりもおススメできます。

 

「フォーゲル綜合法律事務所」の退職代行について、より詳細にサービス内容を確認したい方は「本当に24時間対応の弁護士退職代行|フォーゲル綜合法律事務所」の記事もご覧ください。

 

労働組合型|「退職代行SARABA」

2つ目は労働組合型の退職代行である「退職代行SARABA」です。

 

おススメとして選んだ理由は・・・

  1. 「弁護士の退職代行」の次に何でもできる唯一の退職代行
  2. 料金が29,800円と退職代行業界全体でも安い方
  3. 本当に24時間対応してくれた

の3点です。

まず「労働組合型」という他ではあまりない種類の退職代行について、これは上でも解説しましたが「弁護士の退職代行」の次になんでもできる種類なんです。

 

弁護士代行と労働組合型の代行の違い

<クリックで拡大>

これは「弁護士の退職代行」との違いになります。

こうして比べるとほとんど一緒で、違うのは「退職届の提出」「交渉決裂時の裁判対応」「損害賠償の対応」だけですね。

実はここまで色々できる上で料金が29,800円という業者は他にありません。

というのも「労働組合型の退職代行」というのが「退職代行SARABA」以外には無いんですよね。

 

しかも「退職代行SARABA」は本当に24時間対応をしてくれる数少ない業者なんです。

僕は「退職代行SARABA」を使って退職をしたことがあって、夜中の2時頃に専門知識が無いと回答不可能な質問を投げてみたことがあります。

さすがに30分ほどかかっていましたが、ちゃんと返事が返ってきました。

 

難点は無いんですけど、無理矢理あげるなら「対応があっさりし過ぎている」という点でしょうか。

かなりの数の退職代行を実施しているためか、ちょっと難しい程度の質問にならササっと適格な回答がくるんですね。

なんというか悪い言い方をすると「機械的な回答」なんです。でもそれって回答が決まり切っているからであって、別に冷たい対応をしているわけではないんですよね。

変にグダグダ能書き垂れるよりも、スパッと回答をくれる方が迷わずに済みます。

 

結論|裁判をする前提かどうかで判断

「フォーゲル綜合法律事務所」の退職代行は・・・

  • 弁護士なので裁判の対応も可能
  • 料金は裁判をしない前提なら32,400円
  • 24時間対応
  • 悪評がある(退職代行は関係ない部門)
  • 裁判をする前提なら54,000円

「退職代行SARABA」は・・・

  • 弁護士の次になんでもできる退職代行
  • 料金は29,800円
  • 24時間対応
  • 質問の回答が機械的であっさりとしている

この2つの退職代行業者がおススメです。

ではこの2つまで絞った後にどうやって決めるのか。それは「裁判のリスクがあるかどうか」で判断します。

「裁判のリスクがある」なら「フォーゲル綜合法律事務所」ですし、「ない」なら「退職代行SARABA」を選んでください。

 

ちなみに僕は本業で社会保険労務士事務所の職員をやっているので、色んな企業の入退社の事情を見聞きしていますが、退職をして「裁判」になるってケースは全然無いです。

というのも退職をして「裁判」って言っても会社側にはほどんとメリットが無いんですよね。あるとすれば「辞めた社員に合法的に嫌がらせをできる」くらいでしょうね。

それでも「やっぱり裁判のリスクが怖い」という方は「フォーゲル綜合法律事務所」を選び、「さすがに裁判にはならないでしょ」という方は「退職代行SARABA」を選んでおけば間違いないです。

 

「もう申し込みをしちゃおう」という方は、以下のリンクから公式サイトへ行けます。

「やっぱり裁判のリスクが怖い」な人は・・・
フォーゲル綜合法律事務所公式サイト

「さすがに裁判にはならないでしょ」という人は・・・
退職代行SARABA公式サイト

LINEの友達登録をして、簡単な相談をするまでは無料で対応してくれますので、実際に自分の目で見て判断するのもおススメです。

 

ちなみにこの2つ以外の退職代行業者では・・・

  • 料金が高い
  • 24時間対応でない(公式サイトの表記上は「24時間対応」)
  • 「弁護士の代行」でも「労働組合型の退職代行」でもない

のどれかに該当するのでおススメできません。

 

体験談|実際に退職代行SARABAを利用した感想

僕自身、「退職代行SARABA」を使って退職したことがあります。

「退職代行SARABA」は上でも紹介しましたが、以下のような点で優れた業者です。

  • 弁護士の次になんでもできる退職代行
  • 料金は29,800円
  • 24時間対応
  • 質問の回答が機械的であっさりとしている

これらを踏まえた上で、実際に利用をしてみて良かった点を紹介します。

 

「退職」に関しては僕(社会保険労務士事務所勤務)より詳しい

僕は本業が社会保険労務士事務所の職員なので、「労務のプロ」と名乗っています。

そんな僕から見ても、「退職」のことに関してはとても詳しい業者です。これは労働に関する法律を知らない方にとっては心強いサービスですね。

 

例えばよくある話ですが、「退職届」と「退職願」は名前が似ていてもまったく別の書類になります。それぞれ特性があるわけですが、その特性を上手く利用した手段をレクチャーしてくれます。

その上で、実務上「この辺までは無理をしても大丈夫だろう」というラインを見極めてくれます。よっぽどのことが無い限りは無事に退職できるはずです。

あんまり言うとマズイと思うのでちょっとフワッとした言い方になりましたが、かなり詳しい方が対応しているようです。

 

しかも深夜でも難しい質問の返事をくれるんです。深夜の受付はそんなに詳しくない人を置いて、翌朝詳しい人から回答が来るのかと思いきや、普通に適格な返事が来てビックリしました。

 

会社との実際のやり取りを箇条書きにまとめてくれた

退職代行では、あらかじめ指定した日の朝に会社に電話をしてくれます。そこである程度のやり取りがあるわけなんですが、その内容を箇条書きにしてまとめてくれたのが地味にうれしかったです。

やっぱり要望した内容がちゃんと伝わっているのか、職場がどんなリアクションを取ったかというのはすごく気になるところです。

ちゃんと自分の想いが伝えてもらえたことを確認できたので、安心して有給休暇を過ごせました。

 

ものすごく気持ちが楽になった

1番大事なのは退職代行SARABAが職場に電話をした日以降は、「ものすごく気持ちが楽になった」というところですね。

やっぱり直接自分が連絡をしないことで、感情的になった状態で話し合いをすることも無いですし、上司から怒鳴られたりすることもありません。

そんな嫌な想いをせずに退職できたのが、一番良かったですね。

 

結論|使って良かった

このブログで紹介しているわけなんで、当然の結論ですが「使ってよかった」です。

使わなかったら、退職日までの間に嫌がらせを受け続けたり、退職日が延ばされ続けたりしていたかもしれません。

早々に次の転職先に行けて収入もアップ(月5万円アップ、ボーナス10万以上アップ)し、待遇も改善(月の残業1時間程度)されたので、退職代行SARABAに払ったお金はすぐに取り戻せました。

 

この辺りの体験談は「退職代行SARABAを僕自身が使ってみた感想|実際のやり取りを公開」でもっと詳しく紹介しています。

「退職代行SARABA」が気になる方は是非ご覧ください。

 

何か準備しておいた方が良いものは?

基本的には退職代行業者に連絡を入れれば、準備するべきものは教えてくれます。ですが先に知っておけば後から楽なので、参考までに僕が用意してものを紹介します。

僕が退職代行を使ったときに用意したものは以下の3つです。

  1. 退職届
  2. 要望書
  3. 引き継ぎ資料

これらの書類は、会社に提出したものとは別に、自分用の控えとしてコピーを取っておくことをおススメします。

 

退職届

退職「願」ではなく退職「届」を用意してください。これを間違えると大変なことになるので、要注意です。

退職代行業者によっては、ひな形をプレゼントしてくれるところもあります。

そういったサービスが無い場合には、このブログでも無料でダウンロードできるようになっていますので、ご利用ください。
「退職届の書き方|テンプレートをダウンロードしてサクッと済まそう」

 

退職届は必要な内容が盛り込まれていれば、特に決まった様式がありません。全部手書きでも良いですし、印刷したものにハンコを押すだけでも大丈夫です。

ちなみに退職時に有給休暇を全部消化したい場合は、退職届に有給休暇を使う旨を書いておくと良いですね。

 

要望書

退職をするにあたって、色々な要望をまとめた紙です。特に様式があるわけではないので、思ったまま書けばOKです。

ちなみに僕が書いた内容は以下の通りです。

  • 最終の給料は普段通り振り込むこと
  • 離職票と源泉徴収票は自宅へ送ること(住所は在籍時と変わっていません)
  • 支払われた給与に不足があると感じたら、労働基準監督署へ連絡をすること

この辺ですね。

別に無くても良いんですが「変なことするんじゃないぞ」という念押しのつもりで用意しておきました。

あとは健康診断の結果とか、住民税の通知書のような、一旦会社に届く私物なんかも入れておくと良いですね。

 

引き継ぎ資料

業務の引き継ぎ資料です。

色んな退職代行業者に確認をしましたが、引き継ぎ資料は作って欲しいと言っています。

というのも引き継ぎ資料が無いと、業務に損害を与えたといって訴訟されるリスクが出てくるからです。

退職前最後の仕事だと思って、丁寧に仕上げておいてください。

 

実際の退職までの流れ|退職代行SARABAの場合

実際の退職までの流れは、僕自身が利用したことのある「退職代行SARABA」の例で解説します。

 

まずは申し込み|LINEで友達登録

退職代行SARABAの申し込みはこちらの公式サイトからできます。
退職代行SARABA公式サイト

公式サイト内のいたるところに掲載されている

退職代行SARABA

コチラのボタンを押すとLINEで友達登録ができます。

友達登録をしたからすぐ契約というわけではありません。

疑問や簡単な質問をやり取りし、あなた自身が納得されたらお金の支払いすることになります。

 

早速LINEで簡単な質問|ここまで無料

契約前に簡単な質問

《クリックで拡大》

こんな感じで質疑応答を繰り返します。この時点ではまだ契約をしていないので、色々聞いてみて「やっぱりやめた」と思えば断ることもできます。

 

納得ができれば振り込みをして依頼スタート

納得したので振り込み

《クリックで拡大》

色々と質問を繰り返し、納得したので振り込みをしてきました。振り込みしたことがわかるように明細の写真を送ると即日対応もしてくれます。

この後はヒアリングシートがLINEで送られてくるのでそれに回答をします。

 

職場に退職届と要望書を提出(郵送)

退職届と要望書を提出(郵送)

《クリックで拡大》

退職届と要望書を会社に提出します。提出と言っても郵送で送るだけなので、対面で嫌味を言われる心配も引き留めされる心配もありません。

退職届を自分で提出(郵送ですが)しなくちゃならないのは、弁護士を使っていない退職代行ならではです。

 

郵送する場合は念のため「レターパックプラス」で送る方が良いです。

レターパックプラスとは・・・

Right Caption

ベンゾー

レターパックプラスは、普通の郵便と違って「対面」で直接手渡ししてくれる上に、受領印や署名も書いて貰えます。これなら「受け取っていない」とは言えなくなります。
送るときはポストに投函でOKなので、わざわざ郵便局へ行かなくても大丈夫!

郵便局へ行かなくても、コチラで購入してポストに投函でOKです!

 

ちなみに要望書というのは、退職後の要望を書く紙です。僕の場合は離職票の発行をして欲しいとか、給料は今まで通り振り込んで欲しいとか、健康診断の結果も送って欲しいという内容を書きました。

 

退職代行から職場に電話

退職代行から職場に電話

《クリックで拡大》

退職代行の方が職場に電話をしてくれました。伝えた内容を文章でコチラに送ってくれるのがありがたかったです。

これで退職手続き完了です。あとは実際の退職日まで有給休暇を消化しながらゆっくりするだけです。僕の場合は子供と遊びに行ったり、家族旅行を楽しみました。

 

退職代行を使ったときの話を、さらに詳しく知りたいという方は「退職代行SARABAを僕自身が使ってみた感想|実際のやり取りを公開」をご覧ください。

 

まとめ|退職代行業者の選び方から退職までの流れ

今すぐ会社を辞めたいんだ!って方に向けて・・・

  • 退職代行業者の違い
  • 退職代行業者の選び方
  • おススメの業者
  • 体験談
  • 準備しておいた方が良いもの
  • 申し込みから退職までの流れ

を解説しました。

この記事ではざっくりとした説明で終わらせていますが、それぞれをもっと詳しく知りたい!という方は以下の記事もご覧ください。

「退職代行業者の違い」をもっと詳しく知りたい方は「安全に安く退職したい|弁護士代行・監修・労働組合型の違い」

「退職代行業者の選び方」をもっと詳しく知りたい方は「退職代行業者を選ぶための、本当に重要な3つのポイント」

「実際に使ってみた感想」「申し込みから退職までの流れ」をもっと詳しく知りたい方は「退職代行SARABAを僕自身が使ってみた感想|実際のやり取りを公開」

 

退職代行を使わないと退職できないわけではありません。でも退職をさせないように嫌がらせをしてくるような会社には、遠慮なく退職代行を使って、希望通りのタイミングで退職してしまいましょう。

退職したいのにできずにいる時間ほど、無駄な時間はありませんからね。

 

ここまで記事を読まれて「もう申し込みをしちゃおう」という方は、以下のリンクから公式サイトへ行けます。

「やっぱり裁判のリスクが怖い」な人は・・・
フォーゲル綜合法律事務所公式サイト

「さすがに裁判にはならないでしょ」という人は・・・
退職代行SARABA公式サイト

LINEの友達登録をして、簡単な相談をするまでは無料で対応してくれますので、実際に自分の目で見て判断するのもおススメです。

この記事を書いた人

ベンゾー

SEとして残業100時間超の中働き、20代後半で退職。その後、社会保険労務士事務所へ転職し「労務のプロ」と名乗る / 友人知人をうつ病へ追いやったブラック企業が嫌い / 労務のプロ目線でブラック企業からの脱出方法を発信中 / 退職代行利用経験1回 / 会社を労基に訴え経験2回/ 転職経験3回 / 息子のおしりを触るのが好き「プロフィールはこちら

広告

退職代行

Posted by benzo