退職は何ヶ月前に言うべき?労働基準監督署と出した結論

2019年11月18日

この記事を書いた人

ベンゾー@元SEの社会保険労務士事務所職員

元SEで残業地獄を経験し退職 / 社会保険労務士事務所に転職 / 友人・知人がブラック企業でうつ病になったことを後悔 / 労働問題の専門家としてブラック企業からの脱出方法を発信中 / 退職代行利用経験1回 / 会社を労基に訴え経験2回/ 転職経験2回 / ブログのコンセプトは「ブラック企業で悩む人を法的に守る」「プロフィールはこちら

退職は何ヶ月前に切り出すべき?今すぐ辞めたい人向け

お疲れ様です。労働問題の専門家をしているベンゾー(@zangyoujigoku)です。

今回は「これから退職をする」という方に向けて、「何ヶ月前に退職を言うのが良いのか」について解説をします。

この記事で伝えること

  • どうしても今すぐ辞めたいなら「2週間前」
  • 法的に妥当なところなら「1ヶ月前」
  • 揉めたくないなら「就業規則の通り」
  • これらの結論に達した理由

 

初めて退職する方の中には・・・

「退職したい」っていつまでに会社に言えばいいの?

という疑問を抱えている方も多いんじゃないでしょうか?

 

Left Caption

現役SEの北田さん

就業規則に従えば良いんじゃないの?
Right Caption

ベンゾー

もちろん会社側からすれば、就業規則に従ってもらえれば文句は無いですね。
一方で民法には「解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。」という記載もあるんだよ。
Left Caption

現役SEの北田さん

じゃあ民法が優先されるから二週間前?
Right Caption

ベンゾー

それも1つの正解。
結局この辺りの妥当性は労働基準監督署、さらに揉めれば裁判官が判断することになります。難しい問題ですね。

 

つまり「退職は何ヶ月前に伝えるべきなの?」と聞かれると、正解は「ケースによる」としか言えないんですね。

Right Caption

ベンゾー

こんな記事書いといて、曖昧な正解でスイマセン・・・

ただ、今回は1つの結論を出すためにも労働基準監督署(以下、労基署)に相談をしてみました。

労基署と出した結論

  • どうしても今すぐ辞めたいなら「2週間前」
  • 法的に妥当なところなら「1ヶ月前」
  • 揉めたくないなら「就業規則の通り」
Right Caption

ベンゾー

記事の中ではこの結論に達した理由を解説しています。これから退職する予定の方は、是非参考にして退職の意思を伝えてみましょう!

 

広告

労働基準監督署との相談内容

退職のことについて労基署に相談をしてみました。

長くなるので、先に要点だけまとめておきます。

労基署との相談内容

  • 就業規則に記載されている期間と、民法が定めている期間が違う
    労基署としては労基法(就業規則)に従って欲しい
  • 必ず就業規則に従うべき?
    長すぎる期間は無効と判断できる
  • つまりどうなるの?
    会社が従業員を解雇するときの視点で考えると1ヶ月前が妥当

 

Right Caption

ベンゾー

こんにちは。今回は退職日のことで相談させていただきます
Left Caption

行政の人

わかりました。どういったことでしょうか?
Right Caption

ベンゾー

多くの就業規則には3ヶ月前に退職を伝えることという旨が記載されていますよね。
Left Caption

行政の人

そうですね。会社によってバラバラですが、そのような記載も見られます
Right Caption

ベンゾー

でも民法的には契約の破棄は2週間以上空けていれば問題ないことになっています。
Left Caption

行政の人

そうですね。民法第627条に記載がありますね
Right Caption

ベンゾー

ということは就業規則よりも民法が優先されると考えて、2週間前に伝えれば問題ないですか?
Left Caption

行政の人

たしかに民法では2週間前となっています。ただ我々労働基準監督署では労基法を扱っています
Left Caption

行政の人

したがって我々としては民法よりも就業規則を守って欲しいところです
Right Caption

ベンゾー

なるほど。では就業規則通り3ヶ月前に伝えるべきでしょうか?
Left Caption

行政の人

いえ、あんまりにも長い期間を定めている就業規則は無効と判断できます。
Right Caption

ベンゾー

つまりどうなるんでしょうか?
Left Caption

行政の人

間を取るという言い方になります。逆に会社側が従業員を解雇する場合、1ヶ月以上前に伝えることが労基法に定められています
Left Caption

行政の人

会社側からの解雇が1ヶ月以上前なのに、従業員側からは3ヶ月前というのは妥当ではないですね
Right Caption

ベンゾー

たしかにそうですね
Left Caption

行政の人

したがって、間をとって1ヶ月以上前というのが妥当と思えます
Right Caption

ベンゾー

よくわかりました。ありがとうございます

長くなりましたが、結論は「1ヶ月以上前が妥当」ということです。

以下では、労基署との相談結果をもとにして疑問の解消をしていきます。

 

参考条文

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用 Wikibooks-民法第627条第1項

 

使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも三十日前にその予告をしなければならない。三十日前に予告をしない使用者は、三十日分以上の平均賃金を支払わなければならない。但し、天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となつた場合又は労働者の責に帰すべき事由に基いて解雇する場合においては、この限りでない。

引用 Wikibooks-労働基準法第20条第1項

 

労働基準監督署と出した結論

労基署との相談の要点をまとめると以下の通りです。

労基署との相談の要点

  • 就業規則に記載されている期間と、民法が定めている期間が違う
    労基署としては労基法(就業規則)に従って欲しい
  • 必ず就業規則に従うべき?
    長すぎる期間は無効と判断できる
  • つまりどうなるの?
    会社が従業員を解雇するときの視点で考えると1ヶ月前が妥当
Right Caption

ベンゾー

ここからは労基署との相談結果をもとに、結論の解説をしていきます。

 

結論①|退職の1ヶ月以上前が妥当

結論を申し上げると「1ヶ月以上前」に伝えるのが、揉めないためにも妥当なラインです。

労基署いわく、会社側からの解雇が1ヶ月以上前に伝えることとなっているなら、従業員からの退職も同じくらいにするのが妥当とのことです。

Left Caption

現役SEの北田さん

つまり年末に退職をしたいなら11月中に伝えるのが妥当ってことだね!

 

もちろん会社側と揉めないためにという意味では、もっと前に伝えればなお良いです。

会社側の事情としては、あなたが今やっている仕事の引き継ぎであったり、人員配置の検討に時間が必要になります。

その辺りを考慮して退職時期を伝えてあげれば、会社との揉め事も少なくなります。

Right Caption

ベンゾー

会社側に合わせられるなら、合わせてあげても良いですね。

 

ただ、退職にはいろんな事情が付きものです。どうしても1ヶ月以内に退職したいこともありますよね。

そんなときには、その事情を伝えた上で相談をしてみてください。

Right Caption

ベンゾー

会社側としても揉め事は減らしたいはずです。ある程度の妥協はしてくれることが多いです。

 

結論②|就業規則に従う

就業規則には3ヶ月前と書いてあっても、労基署の判断では1ヶ月前が妥当とのことでした。

民法や会社側からの解雇の規定から考えると、長すぎる期間は就業規則として無効と判断するようです。

 

Right Caption

ベンゾー

ここでちょっと難しい話をします。単に結論だけ知りたい方は無視しでOKです

就業規則の内容が無効になる理由就業規則について、少し難しい話をします。

就業規則というのは、労基法などで定めていることを補足するような意味合いがあります。

 

例えば「休業(従業員が病気やケガで長期間休んだ場合の対処法)」について、労基法には特別な定めがありません。

だからこそ就業規則で何かしらの規則を設けておかないと、従業員が休業した場合に対処する方法が無くなってしまいます。

 

つまり、就業規則というのは法律で定めていないことを補足しているだけなんです。

何が言いたいかというと、法律を破るような就業規則は無効と扱われるということです。

就業規則に定めているからって、なんでもかんでもルールを作ることができるわけじゃないんですね。

 

結論③|民法的には2週間前でOK

民法第627条では契約の解約について、解約の申し入れから2週間で契約終了となるという旨の記載があります。

これをそのまま考えると、会社と従業員との契約も申し入れ(退職の意思を伝える)から2週間で契約終了と解釈できます。

Right Caption

ベンゾー

つまり民法的には2週間前に伝えればOKということ

 

ただ、労基署としては労働基準法を扱う行政だけに、民法の通りで大丈夫とは言いにくいようです。

どうしても今すぐ辞めたいのなら、最低でも2週間前に伝えるようにしましょう。

 

明日にでも辞めたい場合の力技※会社とは揉めます

色々書きましたが、最短でも2週間前には言わないといけません。

でもブラック企業で働いている人の中には、「2週間は長すぎる!」と言いたくなる方もいますよね。

Left Caption

従業員

来週には次の会社への入社が決まってる・・・
Left Caption

従業員

上司からのパワハラがヤバい。1日でも早く辞めたい・・・
Right Caption

ベンゾー

実際、僕も会社からの嫌がらせを受けてからは、明日にでも辞めたいという気持ちでいっぱいになりました。

 

そんな方には労働者に有利な法律をゴリ押しして、退職まで持っていく方法をお伝えします。

ただし、会社とはほぼ確実に揉めます。最悪、損害賠償の請求を受けることもあります。

 

と、脅かしましたが、実際のところ損害賠償を請求してくる会社はごく少数

さらに言うと急に辞められたことでの損害なんて、1ヶ月の給料分もいかないでしょう。ぶっちゃけすぐに辞められるメリットの方が大きいです。

Right Caption

ベンゾー

少なくとも「円満退職」とは程遠いことだけは覚悟をして、以下の内容を読み進めてください。

 

どうしても今すぐ辞めたい|有給休暇を使用

どうしても今すぐ辞めたい!会社と揉めてもかまわない!

と言う方には、明日から有給休暇を使って退職日まで持っていくという方法をお伝えします。

Right Caption

ベンゾー

有給休暇は労働者が申請すれば、断ることができない労働者の権利です。

 

退職日を1か月先の日付にした退職届を提出します。そして、翌日からは有給休暇を使う旨も伝えます。

これで明日からは出勤をせずに、そのまま退職日まで行きます。実質、今日が退職日みたいなもんです。

 

本当にこんな強引なやり方ができるのでしょうか?

できます。

Right Caption

ベンゾー

僕自身、この方法で半月ほど休んで退職をしました。

もちろん色々と注意事項はありますので、試してみたい方は「どんな会社でも有給消化できる方法|退職前に必読」の記事もご覧ください。

この記事で伝えたいこと

  • 退職前の有給休暇消化のやり方
  • 強引に有給休暇を取りに行っても大丈夫な理由
  • 有給休暇残日数の計算方法

 

自分でやるにはハードルが高い|退職代行を使うのも1つの手段

有給休暇を使った方法を紹介しました。

でも、退職届を出すだけの退職と違って自分でやるにはハードルが高い!と感じた方もいるんじゃないでしょうか?

そういう方のために、今は「退職代行」というサービスがあります。本当に便利な時代。

Right Caption

ベンゾー

ちなみに僕も使いました

 

退職代行なら「退職時には有給休暇を使いたい」とリクエストするだけで、そのために必要な手順を踏んでくれます。

料金の相場は3万円と手頃な価格です。(僕が使ったところは3万円以下でした)

 

退職代行にはいくつか種類があるので、選ぶ際には注意してください。

最近は企業側も退職代行の扱いに慣れており、退職代行の種類によってはまったく効果が無いこともあります。

退職代行の選び方やオススメ退職代行については「30社から選んだオススメ退職代行業者2選|3つの選ぶ基準を解説」で詳しく解説をしています。

この記事で伝えたいこと

  • 退職代行業者を選ぶための基準
  • オススメの退職代行業者

 

まとめ|退職は何ヶ月前に切り出すべき?

  • どうしても今すぐ辞めたいなら「2週間前」
  • 法的に妥当なところなら「1ヶ月前」
  • 揉めたくないなら「就業規則の通り」
  • 明日にでも辞めたいのなら、有給休暇か退職代行

ちなみにこの話をもとにしたツイートがコチラです

 

仕事柄、色んな人の退職の理由を聞いていますが、退職の理由って本当に様々です。

  • 独立したいから
  • やりたいことが見つかったから
  • 色んな問題を起こして会社にいづらくなったから
  • より待遇の良い会社が見つかったから

本音を伝えていない部分もあると思いますが、辞める理由なんてなんでも良いんです。

大事なのは「本人の価値観に合う生き方」をすることなんじゃないかなと。

 

仕事を通して人を喜ばせることに価値を見出してる人。会社の成長に価値を見出してる人。

お金を稼いで自分や身内の生活を豊かにしたい人。

仕事よりも大事なことを見つけて、それに時間を割きたい人。

そんなのは人によりけり。だから辞める理由なんてなんでも良いんです。

 

「今の会社にいたんじゃ、自分の価値観に合った生活を送れない」

そう判断したときは、退職と転職をじっくり検討してみてください。

 

ただし、ブラック企業によって身体や家庭が壊されてしまいそうな場合は別です。

じっくり考えないで今すぐ辞めてください。

ブラック企業を辞めるためのポイントを「【ブラック企業を辞めたい方へ】仕事を辞めても良い理由と退職方法」でまとめておきました。

この記事で伝えたいこと

  • 「辛い仕事は辞めても良い」という理由
  • ブラック企業を退職する上で「1番大切なこと」
  • 「労働基準監督署」にも確認をした退職日に関すること
  • 法律を使った「得する退職方法」
  • 「辛過ぎて余裕が無い人用」の退職方法
  • 経験上「気持ちに余裕を持てた」退職方法

 

この記事を書いた人

ベンゾー@元SEの社会保険労務士事務所職員

元SEで残業地獄を経験し退職 / 社会保険労務士事務所に転職 / 友人・知人がブラック企業でうつ病になったことを後悔 / 労働問題の専門家としてブラック企業からの脱出方法を発信中 / 退職代行利用経験1回 / 会社を労基に訴え経験2回/ 転職経験2回 / ブログのコンセプトは「ブラック企業で悩む人を法的に守る」「プロフィールはこちら

広告