【ブラック企業体験談】「家族・時間・身体を犠牲にしろ」と言った会社を潰すためにひとりで戦った記録

2020年5月5日

この記事を書いた人

ベンゾー@元SEの社会保険労務士事務所職員

友人・知人がブラック企業でうつ病になったことを後悔 / 労働問題の専門家としてブラック企業からの脱出方法を発信中 /1番オススメの退職代行を調べるために、実際に職場を退職して確認 /月に10回以上、LINE@やTwitterで仕事の無料相談を受けています/ ブログのコンセプトは「ブラック企業で悩む人を法的に守る」「プロフィールはこちら

【家族・時間・身体を犠牲にしろ】ブラック企業を潰すためにひとりで戦った記録

お疲れ様です。ブラック企業から労働問題の専門家へ転職したベンゾー(@zangyoujigoku)です。

この記事では、漆黒のブラック企業に10年間勤めている「翠の燕(@nezumituyoi)」という方の戦いの記録を紹介します。

 

現在ブラック企業で働いている方の中で。。。

  • 会社の指示を疑わない人
  • 待遇が悪くてもガマンしてる人
  • 家族、時間、身体を犠牲にしている人

という方に読んでいただき、ブラック企業の言いなり状態から解放されて欲しいと思っています。

 

翠の燕さんは、2019年2月頃よりTwitter上で勤務先の会社との戦いを呟いている方です。

勤務先の会社は、色々なブラック企業を見てきた僕が引くぐらいの漆黒っぷり。

とあるきっかけから勤務先と戦うことを決意し、法律を勉強して1人で立ち向かいます。

Right Caption

ベンゾー

元々ブラック企業で働いていた僕としても、共感できたり身に覚えのある出来事をツイートされています。

 

そんな翠の燕さんの約1年に渡る戦いを読んで、1人でもブラック企業の言いなりになる方が減ればと思っております。

注意

2020/5/5時点でまだ完結していません

POINT

 

目次

広告

ブラック企業と戦ったあらすじと、今後の展開予想

  • 2019.4 ブラック企業と戦うことを決意
  • 2019.8 労働基準監督署に相談を開始
  • 2019.10 証拠集め開始
  • 2020.1 労働基準監督署に申告(失敗)
  • 2020.1 弁護士に相談
  • 2020.2 労働基準監督署に申告(成功)
  • 2020.2 会社に労働基準監督署の調査が入る
  • 2020.3 同僚たちの洗脳が解けず、空まわる
  • 2020.4 形勢逆転の従業員代表になる
  • 2020.5 初めて残業代が支払われる

上記が今までのあらすじ。

下記が今後予想される展開です。

  • 是正勧告にも指導票にもまともに対応できず期限到来
  • 悪質と見られ書類送検
  • 翠の燕さんが会社を訴訟して勝訴
  • 未払い残業代や慰謝料等々を請求
  • ハッピーエンド。ブラック企業の奴隷解放宣言

POINT

 

翠の燕さんの気付き

  1. ブラック企業に10年間も勤めてしまった自分へ
  2. 自分と同じように勤めてしまっている同僚へ
  3. ブラック企業を経営している人へ

まずは上記の方に向けて、翠の燕さんが気付いたことを紹介していきます。

 

①ブラック企業に10年間も勤めてしまった自分へ

 

 

 

  • 簡単な解説!有給休暇は1年間で最大20日分
  • 放っておくと2年後に消えるので、8時間×20日=160時間のお休みが消えることに
  • 教えてくれる会社もあるけど、知らない方が悪いというスタンスの会社も
Right Caption

ベンゾー

自分の身を自分で守れるだけの知識を付けておきましょう!

 

②自分と同じように勤めてしまっている同僚へ

 

 

 

簡単な解説!

  • サービス残業や罰金は当然違法
  • 勝手に就業規則を変えるのも違法
  • 有給休暇は従業員側の権利なので自由に使える

人手不足の影響で、待遇の良い会社への転職が簡単な時代になりました。
超ホワイト企業じゃなくても、ブラック企業より良い普通の会社は山ほどあります。

奴隷のように働かせる企業に残らなければならない理由はありません。

Right Caption

ベンゾー

燕さんのように戦う選択肢もありますが、もっと良い会社に逃げる選択肢もアリです!

 

③ブラック企業を経営している人へ

 

 

簡単な解説!会社の成長を望む姿勢は良いですが、安易に従業員からの搾取という手段を取っていませんか?
会社が蓄えたお金や経営者の懐に入るお金は、本来誰の手元に行くお金だったのか?
本来そのお金で幸せになる人は誰だったのか?
よく考えた上で、会社の成長を望んでください。
Right Caption

ベンゾー

100社以上見てきた経験上、従業員を第一に考えている会社は安定して伸びています。従業員に投資できない会社は、その日暮らしをしてる人と同じです。

 

【主な登場人物】ブラック企業の経営陣と従業員

名前 立場 キャラ
ぶた 社長 圧倒的パワハラワンマン社長
ゴリラ 副社長 社長の想いを継いでる人。パワハラ言動が多い
へび 総務部長 意味不明な言動が多い
蜘蛛 社長嫁 元総務部。現在は謎の役員
キリン 同僚 一般従業員。会社の言いなり
オオカミ 同僚 一般従業員。会社に反抗的

翠の燕さんのツイートを見ていただく前に、主な登場人物について紹介します。

すべて上記のような動物で書かれているので、主要人物だけは画像を用意しました。

 

ぶた社長を始めとした経営陣トップ3(ぶた、ゴリラ、へび)が中心となっており、たまに蜘蛛社長嫁が出てきます。

以下がトップ3のことを表現したわかりやすいツイートになります。

 

この他にも何種類か動物が出てきますが、すべて同僚と思ってください。

Right Caption

ベンゾー

登場人物が多いですが、経営陣トップ3(ぶた、ゴリラ、へび)さえ覚えておけば、だいたいわかるようになっています。

以下、経営陣トップ3(ぶた、ゴリラ、へび)のことをツイートした内容を抜粋して紹介します。

 

ぶた(社長)

ハイライト!

Left Caption

ぶた社長

うるさい!わしの言う事聞いとれ!ニンニク食って仕事しろ!

ぶた社長は絵にかいたようなワンマン社長。

上から圧力をかけていくスタイルが多いです。なお、現場のことはあまり分かっていない様子。

形だけでも違法労働を無くしたいのか早く帰ることを促しますが、現場の人間から無茶苦茶だと言われてキレています。

 

 

  • 簡単な解説!「会社を辞めたい」という話を無視:ほぼ違法
  • 健康・体調に気を遣わない:違法

違法かどうかを言ってたらキリが無いくらい、違法まみれです。

Right Caption

ベンゾー

出るところに出れば(裁判など)ほぼ確実に負けるでしょうね。

 

ゴリラ(副社長)

ハイライト!

Left Caption

ゴリラ副社長

休日出勤してる人で振替じゃない出勤は会社の日報は日にちは次の日か出勤日を記入して下さい

ゴリラ副社長は翠の燕さんが会社と戦うきっかけを作った人物。

現場を仕切る存在です。ぶた(社長)が現場のことに口を出すと陰口を言っています。

 

 

簡単な解説!

「会社の日報は日にちは次の日か出勤日を記入して下さい」
⇒「休日出勤をサービス出勤にしろ」という命令:違法

Right Caption

ベンゾー

サービス出勤やサービス残業のお金は、後から回収することができます。ブラック企業で苦しんでいる方は最後に奪い返してやりましょう。

 

へび(総務部長)

ハイライト!

Left Caption

へび総務部長

労働基準監督署に行くのを止めもしないしススメもしないから あくまでキミの個人の意見でしょ?

へびは総務部長なので、労働法律に詳しくなければならない存在。

ただ、実際は言われたことをやるだけで、無駄な仕事をしているだけの存在。

翠の燕さんとの対話はまったく噛み合っていない様子です。

 

 

 

 

 

簡単な解説!総務部:従業員の労働環境を整えることが仕事

Right Caption

ベンゾー

従業員が労働基準監督署へ行かなくても済むようにする仕事と言っても良いですね。

 

会社と戦うことを決意したきっかけ

ハイライト!

Left Caption

ゴリラ副社長

家族と身体と時間この3つ犠牲にしろ!

副社長であるゴリラから「家族・時間・身体」を犠牲にすることを命じられたとき、会社がブラックであり、戦うべきと決意したようです。

同じことを言われていなくても、同じような状況にいる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

今後のことをよく考えた方が良いですね。

 

 

  • 簡単な解説!「家族と身体と時間この3つ犠牲にしろ!」:パワハラの可能性あり

これだけで明確に何かに違反しているとは言い難いです。
でもこういった言動が続けばパワハラと認定されることもあり得ますね

Right Caption

ベンゾー

いずれにせよこんな言動のある会社に長居する必要は無いですね

 

勤務先の主なブラックエピソード

  • 祖父の危篤・葬儀
  • 年次有給休暇の取得拒否
  • サービス残業
  • 帰宅後のサービス残業強要
  • 社員旅行で謎のルール

数々のブラックエピソードがありますが、その中でも分かりやすいものを抜粋して紹介します。

さすがにこれと同じ経験をしている人はいないと思いますが、万が一いた場合は即退職することを強く勧めます。

Right Caption

ベンゾー

翠の燕さんのように戦っても良いですが、まずは自分自身のことを考えて逃げることも大事です

 

祖父の危篤・葬儀

ハイライト!

Left Caption

ゴリラ副社長

休んでいいから殺してこい!

祖父が危篤状態のため休ませて欲しいと言った翠の燕さんに対し、その後死んだ場合にも休まれるくらいなら今殺してこいと命令するゴリラ副社長。
確かに休暇の日数で言えば、ゴリラ副社長のやり方の方が少なく済みますが、人に言って良いセリフでは無いですね。

 

 

 

簡単な解説!

  • 慶弔休暇:冠婚葬祭によるお休みのこと
  • 何日休むかは会社側で決めて良い
  • 葬儀の場合は続柄によって決めることが多い
  • 例.「亡くなったのが兄弟なら〇日、祖父母なら〇日」
  • 慶弔休暇中の給料の有無は会社側で決めて良い
  • 無給もOKだけど、一般的には給料を払うことが多い
  • 従業員の意思で、慶弔休暇ではなく有給休暇を使うことも可能
Right Caption

ベンゾー

この手のお休みを使うことになるのは突発的なことが多いので、事前に就業規則を確認しておきましょう。

 

年次有給休暇の取得拒否

ハイライト!

Left Caption

蜘蛛社長嫁

有給とかで会社に損害与えるなら役職降格ですよ

有給休暇を使おうとする翠の燕さんと、有給休暇の制度を誤解して使わせないようにする蜘蛛社長嫁のやり取りです。
蜘蛛社長嫁は自分の誤解を認めないため、話がまったく進んでいません。
最終的に有給休暇を拒否(違法)されたので、労働基準監督署へ申告をすることにしたようです。

 

 

 

 

 

 

 

  • 簡単な解説!有給休暇は労働者側の権利
  • 会社は拒否できない
  • できるのは有給休暇の日をずらすことだけ
  • 有給休暇を取った社員に不当な降格などをするのは違法
  • 「有給休暇は5日まで」というのは、2019年の法改正を誤解している
Right Caption

ベンゾー

有給休暇を誤解している経営者は多いですが、説明をすれば理解してくれるのが普通です。翠の燕さんのような会社は普通じゃありません。

 

サービス残業

ハイライト!

Left Caption

ゴリラ副社長

出来ないやつは出来なかった分休みの日に出るしかないだろ?それから日報の日付は変えとけよ
Left Caption

へび総務部長

サービス出勤じゃないですよ 自主出勤です
Left Caption

ぶた社長

出来ないなら朝でも夜中でも働いてもらう!言うことを聞け!

休日出勤や残業に対し、色々な理由を付けて残業代を払わない方向にしようとしています。
当然抵抗する翠の燕さんですが、同僚はすでに洗脳されており孤立してしまっています。

 

 

 

 

 

  • 簡単な解説!サービス残業は当然違法
  • 名前を自主出勤とかに変えても違法
  • 「現場⇒帰社⇒自宅」という流れの場合、「帰社⇒自宅」のタイミングまでが残業時間
  • 「現場⇒帰社」までが残業とするゴリラ副社長の主張は間違い
  • 仕事ができる、できないで残業代を払わないのも違法
Right Caption

ベンゾー

正しく残業代を貰えていない人は多いです。在職中は言いにくいと思いますが、退職時に未払い残業代をまとめて請求するのもアリです。

 

帰宅後のサービス残業強要

ハイライト!

Left Caption

ぶた社長

終わらない仕事は家帰ってから

以前のように無制限に働かせて残業代を一切払わないという姿勢に比べると、とにかく早く帰れと指示する姿勢は多少マシになったように見えます。
ただ、業務量が多いことが残業の根本的原因なのに対し、そこを改善せずに帰宅を促すだけなので、社員からの不満が出てきています。

 

 

 

  • 簡単な解説!帰宅後の仕事も残業
  • 定時前に働かされている場合も残業
Right Caption

ベンゾー

「仕事を家に持ち帰れば良い」と言っていますが、当然良くないです。

 

社員旅行で謎のルール

ハイライト!

Right Caption

翠の燕

(預けたパスポートが)5月まで返ってこないんですよね?
Left Caption

へび総務部長

いいからまず持ってきて話はそれから聞くわ

「社員旅行で海外に行くから」という理由で、パスポートを4ヶ月も預かるという説明がされました。なお、社員旅行に参加しなければボーナスが激減するようです。

なぜ4ヶ月も預かる必要があるのかと説明を求めても、ろくに回答がなされず「いいから持ってきて」という姿勢。

 

 

 

簡単な解説!労働基準法などの法律に明確に違反するとは言いにくいですが、推奨できるルールではありません。

Right Caption

ベンゾー

目的が不明なために、なおさら不安になるルールですね。。。

 

労働基準監督署へ電話相談

  • 労働基準監督署からのアドバイス
  • アドバイスを実施

まずは現状のことを労働基準監督署に相談したようです。

相談をすれば法律に則って正しいことを教えてくれるのが、労働基準監督署です。

 

単純な相談であれば電話でも受け付けてくれるのがポイントです。

 

労働基準監督署からのアドバイス

ハイライト!

Left Caption

労働基準監督署

(有給休暇で)休んで給料が下げられていれば労基が入ります

有給休暇を却下された件について、労働基準監督署にアドバイスを求めました。
当然、有給休暇の却下は違法なので認められません。現状で会社に有給休暇の使用を伝えているので休んでOK。
もしも欠勤扱いで給料を下げられた場合は、違法なので労働基準監督署が会社に入るという話になりました。

 

 

 

簡単な解説!

  • 有給休暇を会社は拒否できない
  • 時季の変更なら可能
  • 今の状況なら有給休暇を申し出ている
  • つまり休んでOK
  • 給料を減らされたら、有給休暇ではないので違法
  • 違法なら労働基準監督署が入れる

まずは「有給休暇の拒否」というわかりやすい違法について相談をしたようです

Right Caption

ベンゾー

完全に労働基準監督署が味方に付いているので、今後の展開も安心です。

 

アドバイスを実施

ハイライト!

Right Caption

翠の燕

労働基準法違反ですよ?わかります
Left Caption

ゴリラ副社長

しらん!そんなのはわからん!

相変わらず有給休暇を却下する姿勢を見せる会社に対し、労働基準監督署に行っていることを伝えます。
しかし完全になめきっているのか、会社はそんなの関係無いという姿勢のまま。

今回は有給休暇を取ることはできましたが、証拠集めとして録音と記録はしたようです。

 

 

 

 

  • 簡単な解説!有給休暇を却下するのは違法
  • 労働基準監督署に申告されると調査や指導が入る
  • 場合によっては逮捕もあり得る
Right Caption

ベンゾー

何度も言っていますが、有給休暇を却下するのは違法です。

 

労働基準監督署への申告

  • ブラック企業を潰す準備が完了
  • 労働基準監督署の担当ガチャ失敗
  • 弁護士への相談
  • 労働基準監督署の担当ガチャ成功

「2019年中は準備の年。2020年は潰す年。」ということで、ついに翠の燕さんが本格的に動きます。

具体的には、労働基準監督署への申告(相談でないところがポイント)や、弁護士への相談となります。

 

ブラック企業を潰す準備が完了

ハイライト!

Left Caption

翠の燕

無数の罪状と無数の証拠を持って躊躇なく殺ります

2019年は証拠集めの年。2020年はブラック企業を潰す年。
数々の違反の証拠を持って、労働基準監督署に申告をします。

 

 

 

 

 

 

簡単な解説!

  • 労働基準監督署に申告されると調査や指導が入る
  • 場合によっては逮捕もあり得る

ちょうど年明け(2020年1月)のツイート。決意表明みたいな感じですね。

Right Caption

ベンゾー

ここから展開が大きく動きます。

 

労働基準監督署の担当ガチャ失敗

ハイライト!

Left Caption

労働基準監督署

それはグレーだから

満を持して労働基準監督署へ行ったところ、担当になった方が明らかにハズレだった模様。
あんまり親身に話を聞いてくれず、会社にも入ってくれないような口ぶりだったようです。

 

 

 

  • 簡単な解説!労働基準監督署の対応も担当者によって違う
  • 場合によっては話を聞くだけで終了することも
  • 担当者を替えてもらうことも検討するべき
Right Caption

ベンゾー

僕も担当者でハズレを引いたことがあります。そんな人ばかりでは無いですが、こればっかりはしょうがないですね。

 

弁護士への相談

ハイライト!弁護士さんと今後の流れについて相談をします。
まずは労働基準監督署を使って事実確認をし、その後に裁判をした方が良いという結論になりました。

 

 

 

 

簡単な解説!

  • 労働基準監督署で事実確認をする
  • 後の裁判で有利な展開になる作戦
  • 未払い残業代の時効は2年から3年に変更(2020年4月~)
Right Caption

ベンゾー

未払い残業代は馬鹿にできない金額になりがちです。1ヶ月数万円でも1年で数十万。3年あれば100万単位になることもありますね。

 

労働基準監督署の担当ガチャ成功

ハイライト!

Left Caption

労働基準監督署

1週間以内で動いて2週間以内に報告します

今回の労働基準監督署の担当者はアタリだったようです。早々に会社に調査をしに行くことを約束してくれました。
一方会社側は労働基準監督署をなめているのか、のんきなことを言っています。

しかし、労働基準監督官は逮捕や書類送検をする権限を持っているので、場合によっては大ごとになります。

 

 

 

 

 

 

  • 簡単な解説!労働基準法第32条(違法な残業をしてはならないという規定)
  • 労働基準法第90条(就業規則を従業員に黙って勝手に変えてはいけないという規定)
  • 特別司法警察職員(警察のように逮捕や書類送検を行う権限がある公務員。労働基準監督官が該当する)
  • 行政官(ざっくりと言って「公務員」のこと)

もの凄く簡単に言うと、「あんまり舐めてると大変なことになる状況になった」という感じです。

Right Caption

ベンゾー

もう少し詳しく解説すると長くなるので、興味のある方は下のボタンをクリックして解説を開いてください。

今回、翠の燕さんが労働基準監督署に申告したのは「違法な残業をさせている件」と「勝手に就業規則を変えている件」の2つ。

この件について労働基準監督署が会社に調査をし、事実確認を行います。

 

通常、労働基準監督署が調査をし怪しい部分が見つかった場合、口頭で指導が入ります。

この時点で改めることができれば、それで終わります。

しかし、指導に対し改める様子がなければ「是正勧告(ぜせいかんこく)」というステップに入ります。

 

「是正勧告」では書面で指導が入り、期限までに改めたことの証拠を添付して労働基準監督署に報告することになります。

この時点で改めることができれば、それで終わります。

しかし、是正勧告を無視し続け、悪質だと認められると書類送検や逮捕という流れに入ります。

 

書類送検や逮捕となれば、罰金刑や懲役刑もあり得ます。

 

【1回目】ブラック企業に労働基準監督署の調査が入る

  • ついに労働基準監督署の調査が入る
  • 監督官から調査の報告
  • 再調査の予告

ついに労働基準監督署の調査が入ります。

基本的に労働基準監督署の対応としては、「調査⇒指導⇒是正勧告」というように重くなっていきます。

最終的には、書類送検や逮捕などの権限も持っており、毎年ブラック企業が何社か書類送検されています。

 

Right Caption

ベンゾー

今回はまず「調査」ということで、ここで違法行為が見つかれば次のステップへ進んでいきます。

 

ついに労働基準監督署の調査が入る

ハイライト!

Left Caption

へび総務部長

(労働基準監督署の調査が入った翌朝)総務部からは特に何もありません!

ついに労働基準監督署の調査が入りました。
社内が慌ただしくなるのかと思いきや、意外に静かな様子。

なぜならへび総務部長が労働基準監督署が入ったこと自体を誰にも報告していないから。。。

 

 

 

 

 

  • 簡単な解説!臨検:労働基準監督署が誰かの申告などにより、臨時で検査を行うこと
  • 定期監督:誰かの申告とは関係なく、労働基準監督署が定期的に任意の事業所の検査すること

本来ならば検査が入ったことを上司に報告し、いち早く対策の検討をしなければならない場面。

しかし、へび総務部長は報告をしませんでした。

Right Caption

ベンゾー

対策をしないどころか、報告もしないというのは非常にヤバい状況です

 

監督官から調査の報告

ハイライト!監督署の調査から逃げているつもりが、違法であることを暴露するような対応をとってしまった会社。
そしてあまりにも必要書類が出てこないので、再調査が入ることとなりました。

 

 

 

  • 簡単な解説!36協定書と一年変形労働時間制協定書:残業をするために会社が用意するべき書類。事務所に掲示しておく必要があるので、社長自宅に保管というのは無効になるので、残業=違法労働
  • 従業員の労働時間管理:労働時間がわかるように管理しなければならない。出勤の判子だけだと、時間が不明確なので違法
  • 通常は調査⇒指導⇒是正勧告という流れのところを、調査⇒是正勧告という通常より早い流れで進んだ

違法かどうかを見る調査で、違法かどうかを見るための書類自体が無いという最低な状態だったということです。

Right Caption

ベンゾー

資料の中身を確認するための調査で、資料そのものが無いという状況がよっぽど悪かったんでしょうね。

 

再調査の予告

ハイライト!

Left Caption

へび総務部長

必要な書類が見当たらなくて

労働基準監督署から再調査の連絡が来たけど、必要な書類が見当たらないから延期して欲しいという連絡をした模様。
必要な書類は常備しておくべきなので、「見当たらない」という時点で仮に本当でもアウトです。

という大変な状況にも関わらず、社内では別の話題(退職者に損害賠償請求をする話)で盛り上がっている。

 

 

 

 

 

 

 

簡単な解説!

  • 臨検:労働基準監督署が誰かの申告などにより、臨時で検査を行うこと
  • 定期監督:誰かの申告とは関係なく、労働基準監督署が定期的に任意の事業所の検査すること
  • 特別司法警察職員(警察のように逮捕や書類送検を行う権限がある公務員。労働基準監督官が該当する)

本来であれば労働基準監督署の指導に対し、どれだけ改善をして処罰を軽くできるか対策するべきところ。しかし、別の話題で盛り上がってそれどころじゃない様子の雰囲気。

結果的に、翠の燕さんにとっては良い状況が仕上がっていきます。

Right Caption

ベンゾー

約1年前に会社と戦うことを決意し、ひとりでここまでやってきた翠の燕さんが報われようとしています。

 

【2回目】ブラック企業に労働基準監督署の調査が入る

  • 2回目の労働基準監督署の調査
  • 監督官から再調査の報告
  • 是正勧告と指導票が出る

1回目の調査であまりにもグダグダだったので、再調査となったようです。

そして是正勧告と指導票が出るところまで行きました(指導が無かったのかも?)

 

Right Caption

ベンゾー

つまり順調に会社が追い詰められている状況です

 

2回目の労働基準監督署の調査

ハイライト!

Left Caption

ぶた社長

態度さえ悪くしなければ大丈夫

ついに労働基準監督署から2回目の調査が入ります。
ここでの会社の対応次第で、今後の会社の運命が大きく変わるという局面。

しかし会社側は相変わらず緩い認識。

明確な改善を示すことを求められている労働基準監督署の調査に対し、「態度さえ悪くしなければ大丈夫」という認識で対応するようです。

 

 

 

 

簡単な解説!

  • 定期監督:誰かの申告とは関係なく、労働基準監督署が定期的に任意の事業所の検査すること

再調査が入ったものの、会社側の認識は相変わらず緩いまま。
「態度を悪くしなければ大丈夫」というのは明らかに緩い認識。

明確な改善を求める労働基準監督署の指導が、態度だけで乗り切れることはありません。

Right Caption

ベンゾー

会社が緩い認識のままなら、行くところ(逮捕や懲役)まで行きそうな予感がしますね

 

監督官から再調査の報告

ハイライト!

Left Caption

労働基準監督署

休憩時間残業時間は把握出来てますか?

 

Left Caption

ぶた社長

出来てません。。。

労働基準監督署から再調査の結果報告が出ました。
結論を言うと、ボロボロと違反が明らかになりました。
労働基準監督署からの質問に嘘を付き、その嘘を誤魔化すために別の嘘を付き・・・

 

 

 

 

 

  1. 簡単な解説!労働時間把握:出退勤時間と休憩時間は把握しておく義務があります
  2. 36協定書と1年変形協定書:残業をさせるために会社が用意しておくべき書類
  3. 労働者代表選出:労働者代表は民主的な方法によって行われる必要があります
  4. 休憩時間把握:休憩時間は把握しておく義務があります
  5. 有給休暇:有給休暇を却下することは違法です
  6. 事業場外みなし労働時間制:外にいるから労働時間が把握できないという理由で、労働時間を把握しなくて良いという制度。導入するには最低限、就業規則に記載が必要

結果的に上記6つの違反が見られました。

Right Caption

ベンゾー

難しい内容だと思いますが、要は「ボロボロの管理体制が明るみに出た」ということです。

 

是正勧告と指導票が出る

ハイライト!

Left Caption

翠の燕

「是正勧告」と「指導票」遂に出ました!!!!

ついに是正勧告と指導票(労働基準監督署から「〇〇と〇〇は改善しなさい」という強めの指導)が出た。
改善の期限は4月末と5月20日。それまでにちゃんとした改善が出来なければ、次のステップ(書類送検や逮捕)もあり得てきます。

 

 

 

 

  • 簡単な解説!是正勧告:「違法行為が見られたから改善するように」という強めの指導。期限までに改善して報告する必要がある
  • 指導票:「違法とまでは言えないけど改善するように」という指導。期限までに改善して報告する必要がある
  • 出頭命令:詳しく事情を確認するための手段。出頭命令自体に特に重要な意味は無い

要するに会社として追い詰められた状態。下手に逃げたり隠すと前科が付く恐れがある状態まできました。

Right Caption

ベンゾー

ここから何もしなければ本当にアウト。さすがに何かしらのアクションをすることを期待できますね。

 

ようやく会社が動く

  • 帰宅を促す指示(ただし持ち帰り残業あり)
  • 日曜の営業を廃止
  • 半年前の休憩時間を調査
  • 従業員は洗脳済みだった
  • 今さらタイムカード導入
  • ブラック経営が直らない原因

是正勧告が出たこともあり、ようやく会社が動きます。

ただし、ここではまだまだブラック企業のまま。

Right Caption

ベンゾー

僕から見れば緊張感が足りていないように感じます。

 

会社の改善という視点では本当に小さい一歩。

会社を潰すという翠の燕さんの視点では大きな一歩となりました。

 

帰宅を促す指示(ただし持ち帰り残業あり)

ハイライト!さすがに会社も早い帰宅を促すようになりました。

しかし、そこはブラック企業。見えにくい場所に一応掲示し、口頭での通知は一切無し。

さらに仕事を持ち帰らせているので、結局意味がありません。

 

 

  • 簡単な解説!一応掲示しておくことで、労働基準監督署に対する言い訳をするつもり?
  • 仕事の持ち帰りは残業扱いなので、残業代の支払いをしない場合は違法

本来ならば業務改善のテコ入れが必要な状況ですが、小手先の手段で対応しているようです。
結局、違法な残業(持ち帰りの仕事)をさせているので翠の燕さんが申告すればアウトですね。

Right Caption

ベンゾー

この対策だけでは労働基準監督署が止まることは無い気がしますね。

 

日曜の営業を廃止

ハイライト!

Left Caption

へび総務部長

・・・・・・(質問を完全に無視)

日曜日の営業を廃止しました。

理由は恐らく「日曜日の営業をするための制度の導入が困難だから」ですね。

でも単純に廃止しただけなので当然従業員からの質問が来ます。それを完全に無視するヘビ総務部長。。。

 

 

 

 

 

  • 簡単な解説!一年変形労働時間制:「残業にならない時間」を原則よりも緩和した状態にできる制度。正しく運用しないと無効になる(おそらく今回は無効扱い)
  • 定期監督:誰かの申告とは関係なく、労働基準監督署が定期的に任意の事業所の検査すること

日曜日の営業を廃止にした模様。

なんの工夫もしないまま、単に日曜の営業を廃止にしただけでは根本的な解決になりません。

 

従業員への説明をキチンとすれば、現場の意見を取り入れて改善の可能性も出てくるのですが、どうしても説明をしたくない様子です。

思うに、経営者及び経営陣の器の小ささが根本的な問題じゃないでしょうか。

素直に今までの罪を認め、改善策を出してもらうように懇願すれば何らかの改善が見込めたんでしょうね。

Right Caption

ベンゾー

この時点で労働基準監督署への報告期限(4月末)の約1ヶ月前。そろそろ手遅れになりますね

 

半年前の休憩時間を調査

ハイライト!

Left Caption

ゴリラ副社長

1日仕事すればトイレもいくし飯も食べるタバコや買い物もする。それが休憩

「半年前の休憩時間を報告してくれ」という無茶苦茶な指示。誰も覚えているはずがないことを良いことに、会社側で改ざんするようです。
「トイレもタバコも休憩時間だ」という主張は無理がありますね。

しかし多くの従業員は関心を示していない様子です。

 

 

 

 

 

 

  • 簡単な解説!使用者の指揮命令下:会社が仕事の命令を出せる状態のこと
  • 休憩時間:一般的にトイレやタバコなどの短時間で終わるものは休憩ではない

本来、休憩時間は会社側が把握すべきこと。それを把握していない以上、従業員からの申告に抵抗することはできません。

つまり従業員に「一切休憩時間はありませんでした」と申告された場合、会社は残業として認めなければなりません。

Right Caption

ベンゾー

本来なら会社側は絶望的な状況です。

 

従業員は洗脳済みだった

ハイライト!半年前の休憩時間の報告が完了しました。

結果は、「ちゃんと休憩を取れていた」という旨の内容。

理由は様々ですが、多くの従業員が会社側の洗脳済み状態だったようです。

 

 

  • 簡単な解説!結局、「ちゃんと休憩を取れていた」という嘘の報告多数
  • 会社は労働基準監督署に「休憩時間の把握の改善をした」と報告できる
  • 会社が払うべき未払い残業代の金額が減る

従業員側はもの凄いチャンスを捨ててしまいました。。。

Right Caption

ベンゾー

従業員側からすれば何十万円という残業代を得る権利を捨てた状態。もったいないですね。。。

 

今さらタイムカード導入

ハイライト!

Left Caption

翠の燕

残業代はまさかの30分単位!?

今さらながらタイムカードを導入しました。これで「労働時間の把握をした」と労働基準監督署に報告できるようになります。

しかし残業時間を毎日30分単位で付けている様子。これも違法です。

 

 

簡単な解説!

  • タイムカードを導入
  • 労働基準監督署に「労働時間の把握ができるようになりました」と報告できる
  • 残業時間を1日30分単位で切り捨てるのは違法
Right Caption

ベンゾー

ひとつ改善したらひとつ違法をするスタイルが見慣れてきましたね。。。

 

ブラック経営が直らない原因

ハイライト!

Right Caption

翠の燕

ちょっ!ちょっと!ヘビさん!ヘビさん あなたにも話しあるんですよ!残って下さい!
Left Caption

へび総務部長

私は仕事があるんで忙しいんです(エレベーターへ逃げる)

ようやく会社側も色々と動き始めましたが、まだまだ違法行為がなされています。
会議の中でも堂々と違法なことを伝えている状態。

翠の燕さんが、質問をしようとしても肝心の答える側の人間が逃げたり、他の従業員が無関心だったりして根本的に改善される気配がありません。

 

 

 

 

 

  • 簡単な解説!残業の許可制:従業員側が「〇〇時間残業をする」と申請したら残業とする制度。理想論では可能でも、実務的にはほぼ不可能
  • タイムカードの打刻時間指示は違法
  • 人格否定:パワハラになり得る

ブラック体質の改善案を出そうとするも、責任者のへび総務部長は逃げて、従業員もほぼいない状態。
つまり、根本的に改善しようと思っている人間がほとんどいないということです。

この状況こそ、ブラック経営が直らない原因だと改めて気付きました。

ようやく会社が動き出しても、従業員側がまったく声をあげてくれない。

これがブラック企業が生き残っている原因なんですよね。

 

翠の燕さんの会社だけではありません。

ブラック企業にいて、違法な行為が行われていることに気付いていながら、現状維持を望む従業員。

そんな人を養分にして、ブラック企業が成長していくわけです。

 

法律的にも世間的にも会社より従業員の方が有利になりやすくなっています。

Right Caption

ベンゾー

もし、違法に気付いていながら声をあげていない人がいれば、ぜひ声をあげてください。

 

ついに逆転。大きく動く

  • 不在中に行われた従業員代表者の選出
  • 翠の燕。従業員の代表になる
  • 従業員代表の権限発動
  • 会社の顧問弁護士を引きずり出す
  • 同僚(協力者)からの密告
  • 初めての残業代支給

会社側のたくらみも無残に終わり、ついに会社側と翠の燕さんの立場が逆転します。

Right Caption

ベンゾー

ここから大きく動くことが期待できます。

 

不在中に行われた従業員代表者の選出

ハイライト!休憩時間変更(就業規則の変更)のために従業員代表を決める必要があります。

この従業員代表を決める選挙が、翠の燕さん不在時に行われました。

しかも説明がほとんどされていない状態でです。

 

 

  • 簡単な解説!休憩時間の変更をするには就業規則の変更が必要
  • 就業規則の変更をするには従業員代表の判子が必要
  • 従業員代表を決めるには、過半数の従業員からの選任が必要
  • 過半数の従業員からの選任を翠の燕さんが不在中に行った

ブラック経営を維持したい会社側として、翠の燕さんを従業員代表にすると面倒なことになると思ったのでしょう。

Right Caption

ベンゾー

これだけで違法とは言いにくいですが、酷い行為です。

 

翠の燕。従業員代表になる

ハイライト!

Left Caption

翠の燕

なんと従業員の過半数の信認を得た代表者になりました

翠の燕さんが従業員代表になりました!

会社側の思惑とは違った結果です!

休憩時間の変更(就業規則の変更)においては、早速「これ以上違法行為を繰り返さないように」と回答したようです。

 

 

 

 

  • 簡単な解説!翠の燕さんが従業員代表になる
  • 従業員代表は、休憩時間の変更(就業規則の変更)の際に意見を述べられる
  • 「これ以上違法行為をしないこと」「新型コロナの対策」「働き方改革の対策」などについて釘を刺す意見を述べた

翠の燕さんが会社側に対して強く出られるようになりました!

Right Caption

ベンゾー

ここから大きく話が動きそうです。

 

従業員代表の権限発動

ハイライト!

Left Caption

翠の燕

コロナ対策を従業員代表権限で発動!

休憩時間の変更(就業規則の変更)の際に書いた意見が早速通りました。

通った意見としては小さなものかもしれませんが、「従業員側の意見が会社を動かした」という事実は今まで無かったこと。

 

 

  1. 簡単な解説!会社として休憩時間の変更(就業規則の変更)をしたい
  2. 変更をするには従業員代表(翠の燕さん)の判子が必要
  3. 翠の燕さん「コロナ対策をしないと判子を押しません」
  4. 会社側がコロナ対策をする

という流れで、従業員側の意見が初めて会社を動かしました。

Right Caption

ベンゾー

実際にやったことは検温・アルコール液・マスク・有給休暇だけですが、会社を動かしたという事実は大きな一歩です!

 

会社の顧問弁護士を引きずり出す

ハイライト!

Left Caption

ぶた社長

弁護士に相談したつぱめ達の要望を法令遵守で勧めていく

会社側の顧問弁護士を出させることができました。
会社に対する意見・要望を会社側の弁護士に伝え、対応をすることで休憩時間の変更(就業規則の変更)をしようという流れになります。

 

 

 

 

 

 

簡単な解説!

  1. 会社として休憩時間の変更(就業規則の変更)をしたい
  2. 変更をするには従業員代表(翠の燕さん)の判子が必要
  3. 翠の燕さん「違法行為をやめないと判子を押しません」という意見書を提出
  4. 会社側が弁護士に相談
  5. 会社側弁護士「意見に対する要望を提出してください」
  6. 翠の燕さんが要望を書いて提出
  7. 会社側「翠の燕たちの意見に法令順守で対応する」(法律を守るよ!って意味)

という流れで進みました。

Right Caption

ベンゾー

どんどん動いていっています。労働基準監督署への締め切りまで、あと1週間ほどです!!

 

同僚(協力者)からの密告

ハイライト!

Left Caption

ぶた社長

賞与で上乗せするから少なく書き直せ。書き直さんなら賞与で引く。結局一緒じゃ。直せ

3月に行った休憩時間の調査について、ぶた社長による改ざんが発覚しました。

改ざんの音声データや書面コピーもあるようですが、やられた本人たちは身バレを恐れているのでお蔵入りするようです。

 

 

 

簡単な解説!言うまでも無いですが改ざんは違法です!

Right Caption

ベンゾー

お蔵入りになった改ざんデータを、どこまで明るみにできるかが重要かもしれませんね。労働基準監督署に資料として提供することはできても、裁判で証拠に使うことはできないかも。

 

初めての残業代支給

ハイライト!

Right Caption

翠の燕

これだと労働基準法上割り増し賃金が出るんですよ(残業代が必要だよって意味)
Left Caption

へび総務部長

そんなの聞いたことない

ついに初めての残業代が支給されました!
しかし支給されたのは謎の金額。金額の根拠を聞くと、へび総務部長から意味不明な回答が出てきます。

 

 

 

 

  • 簡単な解説!残業の原則は「1日8時間、週40時間を超過したら支給」
  • へび総務部長「知らない。聞いたこと無い」
  • なお、未払いの残業は毎月60~80時間分ある

ようやく出てきた残業代ですが、算出の根拠はまったく意味不明。正当な残業のルールを確認するも、「知らない・聞いたこと無い」

ブラック経営が直るにはまだまだ時間がかかりそうです。

Right Caption

ベンゾー

正直、ツイート内容を見てもヘビ総務部長が言ってる意味は全然分かりません笑

 

まとめ|【ブラック企業体験談】「家族・時間・身体を犠牲にしろ」と言った会社を潰すためにひとりで戦った記録

注意

2020/5/5時点でまだ完結していません

現時点の内容をまとめると以下のようになります。

  • 労働基準監督署からの是正勧告と指導票の提出期限が4月末と5月20日
  • 会社側も改善に向けて対処しているが、相変わらず不正をしている
  • 労働者代表として翠の燕さんが選出される

 

今後期待される流れは以下の通りです。

  • 是正勧告にも指導票にもまともに対応できず期限到来
  • 悪質と見られ書類送検
  • 翠の燕さんが会社を訴訟して勝訴
  • 未払い残業代や慰謝料等々を請求
  • ハッピーエンド。ブラック企業の奴隷解放宣言

 

Right Caption

ベンゾー

翠の燕さんのツイートが更新されれば、随時更新していきます。

 

「有給休暇や残業の制度を確認したい方」はコチラを参考にしてください

 

「とにかくブラック企業から逃げないといけない方」はコチラを参考にしてください

 

「ブラック企業と戦って、労働者の権利を使いたい方」はコチラを参考にしてください

 

「ブラック企業から逃げる前に転職先を決めたい方」はコチラを参考にしてください

 

「いっぱいいっぱいで何も考えられない」という方は、まずは僕にご相談ください。

プライベートで毎月10件以上の相談に乗っている、労働問題の専門家である僕が何でも無料で相談に乗ります。

相談の方法は「仕事の悩み。無料相談を始めました!【LINE@・TwitterのDM】」をご覧ください。

 

 

お願い「ひとりでもブラック企業の言うなりになる人が減れば」という想いで翠の燕さんの体験談をまとめました。身近な方で、「現在ブラック企業に悩まされている」という方がいれば、是非シェアしてください。

この記事を書いた人

ベンゾー@元SEの社会保険労務士事務所職員

友人・知人がブラック企業でうつ病になったことを後悔 / 労働問題の専門家としてブラック企業からの脱出方法を発信中 /1番オススメの退職代行を調べるために、実際に職場を退職して確認 /月に10回以上、LINE@やTwitterで仕事の無料相談を受けています/ ブログのコンセプトは「ブラック企業で悩む人を法的に守る」「プロフィールはこちら

広告