めんどくさがってる場合じゃない|転職活動をしない理由を潰します

2020年3月14日

この記事を書いた人

ベンゾー@元SEの社会保険労務士事務所職員

元SEで残業地獄を経験し退職 / 社会保険労務士事務所に転職 / 友人・知人がブラック企業でうつ病になったことを後悔 / 労働問題の専門家としてブラック企業からの脱出方法を発信中 / 退職代行利用経験1回 / 会社を労基に訴え経験2回/ 転職経験2回 / ブログのコンセプトは「ブラック企業で悩む人を法的に守る」「プロフィールはこちら

めんどくさがってる場合じゃない|転職活動をしない理由を潰します

お疲れ様です。ブラック企業の元従業員ベンゾー(@zangyoujigoku)です。

この記事では「転職をしなきゃいけない人が転職活動をしない理由」を1つずつ丁寧に潰していきます。

Right Caption

ベンゾー

なお、ちょっと辛口になります。

今の職場に勤めてだいぶ経つけど、残業も多いし改善する様子も見られない。

そろそろ若いとも言いにくくなってきて、ハードな仕事に体力が追い付いていない気がする。。。

さすがに転職しようかとも思ったけど、忙しくて時間を取れない。

それに若くもなく大したスキルも無い自分が転職成功するなんて思えない。

なんかもう色々考えるのがめんどくさくなってきた。。。

どうしよう。やっぱり転職は諦めようかな・・・

と考えている方。本当に今すぐ転職活動をしなくて良いですか?

転職活動をやらない理由として

  • まだ未熟だから転職できない
  • もう若くないから転職できない
  • 忙しいから転職できない

などなどの理由を聞いてきました。

もっともらしい「転職できない理由」を言ってきますが、結局のところ「転職活動がめんどくさい」からじゃないですか?

 

図星だった方。結論を言うと今すぐ転職活動を開始してください。

じゃないと、辛い職場で使い古されて終わるかもしれませんよ?

実際に終わった人を何人も知っています。

めんどくさがっている場合じゃありません。

 

Right Caption

ベンゾー

この記事では「でもでもだって・・・」と転職活動をやらない理由が出てくる方のために、「転職活動をやらない理由」を1つずつ丁寧に潰していきます。

共感できた方から転職活動を開始していってください。

 

「何もわからない方向け|失敗しない転職活動のやり方を9個のステップで解説」では転職活動終了までをステップごとに解説しています。

「年収を上げつつ毎日定時で帰る」という転職に成功した僕が、労働問題の専門家としての知識も交えて、失敗しない転職活動の方法を解説しています。

Right Caption

ベンゾー

記事を見ながら転職活動を進めるだけで、失敗しない転職活動ができます。

 

広告

転職活動をしない理由|不安がある

細かい理由は違っても、転職すること自体に不安があるという方。

ここでは・・・

  • スキルや経験が不足しており、未熟だから不安
  • 年齢的に厳しいんじゃないかと不安
  • まだ入社して間もないから、印象が悪くなりそうで不安

といった言い訳を潰していきます。

 

まだ未熟だから転職成功しないと思う

あなたが何歳で転職活動をしているかによりますが、35歳以下で転職をしようって言うなら「未熟」とか考える意味はありません。

 

もし「30代は即戦力じゃないと」って思っているなら甘いです。

30代ならむしろ即戦力になれない職場へ行って、さらにスキルを磨くべき。

20代、30代で身に付けてき経験やスキルを持って、40代で「とんでもない人材が転職してきた」って思われるくらいを目指してください。

 

1個の分野で極めまくって、オリンピックメダリスト級の会社員を目指してるっていうなら別ですよ。

でも大抵の普通の会社員は、複数の分野でそこそこできる人を目指した方が良いです。

 

ちなみに5年ほど勤務していれば、一般的に「そこそこできる人」になっていることが多いです。

 

Right Caption

ベンゾー

「まだ未熟だから」と言って転職の機会を延ばすくらいなら、「複数の分野でそこそこできる」を目指してみましょう。

ちなみにこの考え方は「藤原和博」という方が書いている「10年後、君に仕事はあるのか?」という本の受け売りなんですが、かなり的を射た考え方だと思っています。

「【レビュー】「10年後、君に仕事はあるのか?」は20代会社員にオススメの本」の記事で藤原和博さんとその考え方について解説しています。

20代の方はレビューだけでも見ていってください。必ずためになります。

 

もう若くないから転職できないと思う

「転職活動がめんどくさい」という本音を隠して、「もう若くないから」という建前で言っているのなら別に良いです。

めんどくさがらずに転職活動をした方が良いですよ。

 

Right Caption

ベンゾー

もし本気で「もう若くないから」と言っているなら、色々諦めてください。

当たり前ですが今日が一番若いです。

今日を逃したら、明日はもっと転職市場で不利になります。

 

現状ブラック企業に務めていて、本気で「もう若くないから」と転職活動をしないでいるなら、そこで死ぬまで働いてろって感じです。

お疲れ様です。

 

短期間の転職は印象が悪そう

Left Caption

会社員

本当は転職したい。でも短期間に転職を繰り返すのは印象が悪そうだ。だからまだ転職活動をしない。

こういう理由ならOKです。引き続き頑張ってください。

 

でも1年半くらいで転職をするか続けるかを見極めてください。

だいたいの会社では1年半経過すれば、仕事の流れが見えてきます。

  1. 1年半務めれば、仕事の流れが見えてくる
  2. 仕事の流れが見えると、最初の頃に感じてた負担が減る
  3. それでも負担が多いなら、転職を検討する

こんな感じで考えてみてください。

 

ちなみに僕はこれまで100人ほどの経営者と仕事をしたことがあります。

多くの経営者は「短期間で転職を繰り返す人」=「1年未満で辞めている人」という認識でした。

だから1年半勤めているなら、安心して転職活動をして良いですよ。

 

「転職して1年も経っていないけど、もう辞めたくなった」という場合には「転職失敗して辞めたい人へ。絶対辞めない方が良い理由」を読んでみてください。

ここで触れた内容も含んでいますが、「短期間で辞めたくなってしまった場合」の対処方法を解説しています。

 

Right Caption

ベンゾー

短期間であることが心配なら、とりあえず1年半務めてみましょう。仕事の負担が減ってるかもしれません。転職する場合も「短期間で辞めた人」と思われにくくなります。

 

転職活動をしない理由|時間が無い

仕事やプライベートでとにかく時間が無いという方。

ここでは・・・

  • 時間が無くて、転職活動を開始できていない
  • もっと落ち着いてから始めたい

こんな言い訳を潰していきます。

結論として、さっさと始めないといつまで経ってもホワイト企業に応募できません。

 

忙しくて転職活動ができない

確かに転職したいって思ってる方なら、長時間労働に悩まされている可能性も高いですし、僕自身も長時間労働をしていた過去があるので気持ちはわかります。

だからって転職活動を後回しにして良いわけじゃないんですけどね。

 

分かりきっていることだと思いますが・・・

  • ホワイト企業の求人はすぐに埋まる
  • 職務経歴書や履歴書は準備に時間がかかる

ということで、いち早く職務経歴書や履歴書の準備を済まして、良い求人を見つけたらすぐ応募できる状態にすることが超重要です。

 

ぶっちゃけホワイト企業の席が空くなんてラッキーです。運ゲーです。

でもせっかくホワイト企業の求人が出ていても、応募できる準備が済んでいなければ逃してしまいます。

 

忙しいのもわかりますが、とにかく早く準備することをオススメします。

Right Caption

ベンゾー

ちなみに僕は、夜の1時に仕事が終わり、そこから書いた履歴書を送って採用されたこともあります。

あのとき「今日は遅くなったからまた明日」ってしていたら、採用のチャンスを逃していたかもしれません。

 

落ち着いてから転職活動をしたい

結婚や出産などプライベートで大事なイベントを控えているから、落ち着いてから転職活動を始めたい。

そんな悠長なことを言っていると、ホワイト企業の求人は埋まってしまいます。

 

別に今日転職活動を始めたら、明日には面接を受けてるなんてわけじゃありません。

そもそも転職活動は以下のようにして始めることになります。

  1. 転職サイトに登録
  2. 職務経歴書や履歴書を作成
  3. 多少時間が取れるなら転職エージェントと面談

これらすべて自宅に居ながらできる作業です。

※転職エージェントとの面談は、電話やスカイプで受けられます

 

あとは転職エージェントからの紹介やスカウトを待つだけでも、転職活動として十分。

Right Caption

ベンゾー

まとまった時間を取りにくいなら、何日かに分けて作業を進めてもOKですよ。

とにかく開始をして、求人に応募できる状態まで持って行くことが大事です。

逆に言えば求人に応募できる状態まで持っていければ、あとは落ち着いてから面接の予定調整をしても良いんです。

 

転職活動をしない理由|必要性が無い

最後に「そもそも転職する必要性が無い」という理由にも触れておきます。

本当に必要性が無いのなら、もちろん転職活動は不要です。

でも、「本当の本当に転職する必要が無いか」をもう一度考えてみましょう。

 

今の職場に不満が無いから転職しなくて良い

Left Caption

会社員

別に今の職場に満足している。不満は無い。だから転職活動はしていない。

とても良い会社に勤めているようで安心です。

でもその状態はあなたが定年退職するまで続きそうですか?もしかしたら一時的なものじゃないでしょうか?

 

仮に職場に不満が無い理由が、「休日が多くプライベートの時間を確保できること」だとします。

であれば、人員不足になる心配がないかを確認してみましょう。

  • 毎年新入社員を一定数入れている
  • 年齢層に偏りは無い
  • 従業員間で残業時間に偏りは無い

これらすべて満たしているなら、今後も人員不足の心配は無さそうです。安心して仕事を続けてください。

でもどれかが抜けているなら、ふとしたきっかけで人員不足になる可能性があります。

 

 

仮に職場に不満が無い理由が、「給料が多いこと」だとします。

であれば、多少の不景気を乗り越えられるか確認してみましょう。

  • 手広く事業の展開をしている(主力商品が複数ある)
  • 経営陣に後継者がいる

これらをすべて満たしているなら、簡単に会社が傾くことは無いと思っても良いです。

少なくとも不景気ですぐに従業員の給料やボーナスに影響してくることは無いと思って良いです。

 

このように自分が満足している状況や、不満の無い理由が今後も続くかは確認しておいた方が良いです。

Right Caption

ベンゾー

30代40代のときに辞めることになっても間に合いますが、50代で辞めることになるとキツイですからね。

 

まとめ|めんどくさがってる場合じゃない

転職に不安がある

  • まだ未熟だから転職が不安
    ⇒むしろ即戦力である必要がない
  • もう若くないから転職が不安
    ⇒今が一番若いから、今やらないなら諦めるべき
  • 短期間で転職を繰り返すのは不安
    ⇒1年半経っているなら問題なし

 

転職活動をする時間がない

  • 忙しくて時間がない
    ⇒でもやらないと変わらない
  • 落ち着いてから始めたい
    ⇒応募できる状態にはするべき

 

今の職場に不満が無い

  • 今の職場に不満が無い
    ⇒定年退職までキープできるか確認

めんどくさがって転職活動をしない方向けに、転職活動をやらない理由を潰してみました。

 

本当は転職したいけれど、色んな理由を作って転職活動をしない人はたくさんいます。

転職しない理由に納得して、死ぬまでブラック企業で使われる選択を取る人もいます。

 

今は転職を支援してくれるサービスがたくさんあります。しかも無料です。

簡単に現状から脱出する方法があるのに、妙な理由を作ってやらないのは本当にもったいない。

 

共感できた方から転職活動を開始していってください。

「何もわからない方向け|失敗しない転職活動のやり方を9個のステップで解説」では転職活動終了までをステップごとに解説しています。

「年収を上げつつ毎日定時で帰る」という転職に成功した僕が、労働問題の専門家としての知識も交えて、失敗しない転職活動の方法を解説しています。

Right Caption

ベンゾー

記事を見ながら転職活動を進めるだけで、失敗しない転職活動ができます。

 

この記事を書いた人

ベンゾー@元SEの社会保険労務士事務所職員

元SEで残業地獄を経験し退職 / 社会保険労務士事務所に転職 / 友人・知人がブラック企業でうつ病になったことを後悔 / 労働問題の専門家としてブラック企業からの脱出方法を発信中 / 退職代行利用経験1回 / 会社を労基に訴え経験2回/ 転職経験2回 / ブログのコンセプトは「ブラック企業で悩む人を法的に守る」「プロフィールはこちら

広告